高田馬場・早稲田のカンボジア料理(カンボジア、アプサラ) - 高田馬場B級グルメ

23区内でカンボジア料理店は3軒ある。代々木のアンコール・ワット高田馬場・早稲田のカンボジア、アプサラだ。高田馬場のカンボジアと早稲田のアプサラは、強引な接客で有名なアンコール・ワットと比べると落ち着いて自由に食事ができる。立地が便利なカンボジアは高めで、立地の不便なアプサラはまだ新店だ。

2010年に高田馬場カンボジアは閉店し、早稲田アプサラは神楽坂に移転した。

カンボジア

2010年6月末に閉店。跡地はリトル・サイゴンになった。

1987年に創業。

カンボジアでクイティオを食べた。値段は忘れた。

米麺で透明なスープ。香りは抑え気味。

訪問履歴

  1. 2009年07月23日クイティオ

店舗

営業時間

11:00から14:30、17:00から23:00まで。無休。

住所

豊島区高田3-10-14 吉野ビル2F


より大きな地図で 馬場飯マップ を表示

参考

アプサラ

2010年9月29日に神楽坂に移転。跡地は焼肉屋になった。

アプサラは2009年10月1日に早稲田鶴巻町で創業したクメール料理店である。店名は海から生まれた天女を指す。カンボジア政府観光局の推薦店らしい。シェフはカンボジア人のレッスマイ氏とウッティ氏の二人だ。最初はビザの関係で一人だけで営業を開始していたようだ。二人揃った今はメニューにも幅が出たことだろう。

店舗は雑居ビルの狭い階段を上がった2階だ。店内には写真、絵画や像が飾られており、小さな美術館のようらしい。

こだわりを持ってあえて「クメール料理」と称しているそう。本場出身のシェフの作る料理は、タイ料理ともベトナム料理とも似ていてもちょっと違う独特なもので、ほどよい辛さと、レモングラスなどのフレッシュさが食欲をそそり、おいしくいただける。値段も手ごろ。店名の「アプサラ」は海の泡から生まれた美しい天女のことだそう。カンボジア王国観光局の推薦店。店内にはクメール美術の写真展示があり、またお皿もなかなかこだわっていて雰囲気がよい。

ビル入口にはランチやディナーの案内がある。日替わりで3つのコースから選ぶ。ご飯のお代わりは自由で580円だ。780円のところ200円値引きである。2009年12月29日現在でまだ580円ランチは継続中写真での確認だが、クイティアオを注文するとクルワンポンが出されるようだ。もしくは最初から食卓に常備か。センミーナームで、具は鶏肉、ゆで玉子半個、ニンジンといったところか。一度は食べにいかねば。

またディナーは20%オフ、生中が280円だった。2009年12月29日現在でもうこのサービス価格での提供は終了しているようだ。代わりにクーポンが使用できるようになっていた。クメール料理アプサラ <クーポン>から印刷するのを忘れてはいけない。アルコール・ソフトドリンクの一杯目がサービスされる。

店舗

ランチメニュー

品名 価格
ナスとひき肉炒め (スープ・サラダ・ライス・デザート付)780円
が今なら
580円
チンゲン菜と豚肉炒め (スープ・サラダ・ライス・デザート付)
クイティウ (サラダ・デザート付)
牛肉ときのこのスープ(サラダ・ライス・デザート付)
チキンと茄子のカレー(サラダ・ライス・デザート付)
野菜スープカレー(サラダ・ライス・デザート付)
海老チャーハン(スープ・ライス・デザート付)

ディナーメニュー

品名 価格
APPETIZER(前菜)
ベジタリアンマッシュルーム(新鮮な野菜をマッシュルームの特製ソースにつけて)800円
チーヨ(さつまいもの新感覚揚げ春巻き)1本150円
クメール風ロールキャベツ800円
SOUP (スープ)
スパイシービーフスープ(辛すぎないコクのあるスープが特徴)600円
うりのス-プ(白身魚入りのさっぱりしたスープ)600円
SALAD (サラダ)
海老のスイートホットサラダ(ハーブのさっぱりした風味が特徴の甘辛サラダ)800円
白身魚とトマトのフレッシュサラダ800円
MAIN(メイン)
アモック(ココナッツミルクで白身魚を蒸したクメール名物料理)600円
ビーフのカレー野菜炒め800円
パイナップルとポークの炒め物(クメール風酢豚)800円
チキンとロングビーン600円
ナスのひき肉炒め (人気NO.1メニュー)800円
もやしとひき肉の炒め物600円
RICE/NOODLE (ライス/ヌードル)
ライス250円
クイティウ(クメールを代表するスープ入りヌードル)700円
DESSERT (デザート)
パンプキンプリン(国名の由来にもなっているカボチャのクメール風デザート)400円
クメール風クレープ(パームシュガーが決めてのフランス統治時代のデザート)400円

営業時間

11:30から14:30、17:30から22:30(ラストオーダー)まで。定休日は日曜日、祝日。

住所

新宿区早稲田鶴巻町568 大元第1ビル2F

早大正門通りを東へ向かい、外苑東通りとの交差点である早稲田鶴巻町東の一本手前の小道を北へ曲がって、一つ目の交差点角。

参考

クメール料理(カンボジア料理)レストラン<アプサラ>
株式会社グリーントラベル【カンボジア王国観光省】内に開設されたアプサラのホームページである。
アプサラ|クメール料理(カンボジア)|早稲田 | e-food
多数の写真つきで丁寧な解説。最初に読んで店の概要を把握しよう。
照常営業 クメール料理を食べに行った
プレオープン時期の2009年9月25日に訪問した記録。
作者:馬場飯
inserted by FC2 system