東京チカラめし(コスパ抜群の焼き牛丼!) - 牛丼グルメ

東京チカラめしで定食490円の単品注文をすると390円だった。焼肉の鉄板だけだった。ごはんもサラダも味噌汁もなくなった。

「サラダがまだ出ていないのですが」と尋ねる。

「サラダはつきません」とのことだ。

中国米を食べたくないからといって単品注文をすると、唯一最大の長所である激安感が完全になくなる

些細な出来事だ。しかし、この出来事で東京チカラめしに愛想が尽きてしまった松屋で暮らしていこう。

東京チカラめしの紹介

東京チカラめしの店舗外観

東京チカラめしとは、煮込んだ牛肉の牛丼ではなく、焼いた牛肉の焼き牛丼を販売する新興の牛丼チェーン店である。焼き牛丼は280円という低価格にもかかわらず、驚くほど肉の量が多く、焼肉という調理方法が新鮮なこともあって、今後を期待する声が多いようだ。

2011年6月9日に池袋西口に1号店をオープン。その後、人形店、大宮東口店、新宿西口1号店ほか、2011年10月末までに14店を出店、2011年11月以降は店舗展開のスピードをさらに早め、2011年12月末までには早くも34店の出店となった。

株式会社三光マーケティングフーズによる経営だ。

東京チカラめしとステマ(ステルスマーケティング)

東京チカラめしには「ステマめし(ステマ飯)」というあだ名がある。

発信源は2chのようだ。

スレがたくさん立ち、スレタイも東京チカラめしを称賛するものが多数だったため、「ステマめし」と呼ばれるに至ったようだ。

東京チカラめしの大阪デビュー

2012年10月25日に東京チカラめしは大阪日本橋店を開店した。ついに関西圏に進出である。

焼き牛丼・カレーメニュー

焼き牛丼メニュー価格
焼き牛丼280円→290円→330円
380円→430円→480円
530円→580円
ガーリックねぎ牛丼
焼きチーズ牛丼
キムチ焼き牛丼
380円→390円
480円→530円→540円
630円→640円
カレーメニュー価格
カレーライス並盛350円
大盛450円
特盛550円
焼きチーズカレー並盛430円
大盛530円
エビフライカレー
からあげカレー
並盛490円
大盛590円
特盛690円
焼き牛カレー
メンチカツカレー
並盛550円
大盛650円
特盛750円
セットメニュー価格
サラダセット+140円
おしんこセット
からあげセット+210円
エビフライセット
豚汁変更+180円

味噌汁が無料サービスだ。

セットメニューは生玉子とのセットになる。単品注文よりもサラダ・おしんこセットは-10円、からあげ・エビフライセットは-20円安い。

2012年3月下旬に焼き牛丼メニュー(大)は+50円の値上げが行われた。

2012年4月には店舗によっては焼き牛丼が280円に+10円されて290円になるなど微妙な値上げが実施されはじめていたようだ。

2012年12月には多数の店舗で焼き牛丼が290円から330円になったようだ。

定食メニュー

焼き牛定食メニュー焼き牛定食
焼き牛定食480円
焼き牛・エビフライ定食580円
焼き牛・からあげ定食
焼き牛・メンチカツ定食680円
ダブル大盛焼き牛定食
ご飯大盛+60円
ご飯特盛+120円
朝定食メニュー価格
定番朝定食280円
納豆朝定食350円
ベーコンエッグ定食
ご飯大盛+60円
ご飯特盛+120円

焼き牛定食は10:00から翌朝5:00まで、朝定食は5:00から10:00までと販売時間が限定されている。

サイドメニュー

サイドメニュー価格
生玉子50円
温泉玉子60円
サラダ100円
おしんこ
キムチ
ご飯150円
サイドメニュー価格
からあげ180円
エビフライ
焼き牛皿(ハーフ)150円
焼き牛皿(並盛)220円
焼き牛皿(大盛)320円
チーズ100円
マヨネーズ30円

東京チカラめしの期間限定メニュー(価格)

韓国風うま辛焼き牛丼

2012年2月1日から東京チカラめしで新メニューの販売を開始していた。韓国風うま辛焼き牛丼だ。380円だ。

韓国からやってきた!?

コチュジャンベースの 甘辛みそダレが食欲をそそる!

シャキシャキ豆もやしと 一緒に食べれば美味さ倍増!!

東京チカラめしでは焼き牛丼さえあればそれ以外は必要ないような気がしてきた。卓上から辛味ダレが消えない限り、韓国風うま辛焼き牛丼を注文することはなさそうだ。

たっぷり野菜焼き牛丼

2012年3月21日から東京チカラめしで新メニューの販売を開始していた。たっぷり野菜焼き牛丼だ。380円だ。

食欲そそる!ごま香る風味豊かな「コク旨だれ」をたっぷり野菜に絡めました。

ほどよくピリッと唐辛子が効いてお肉と相性抜群!ぜひお試しあれ!!

東京チカラめしでは焼き牛丼さえあればそれ以外は必要ないような気がしていたのだけれども、この新メニューには惹かれるものがある。野菜は、写真を見る限り、モヤシ、キャベツ、ピーマンのようだ。モヤシがたっぷりなのは勘弁して欲しい。モヤシを減らしてタマネギやニンジンなど野菜の数を増やしてもらいたい。とはいうものの、それでもたっぷり野菜という言葉は魅力的だ。コク旨だれは胡麻、醤油、唐辛子、隠し味、にんにく、ねぎらしい。卓上の辛味ダレをかけてしまえばそれなりの味になるのではないかと思うものの、なんだかいい感じではある。

新定番

新定番として2012年6月8日午前10時から三つのメニューが追加されたようだ。三品とも350円である。

おろし焼き牛丼
さっぱりおろしとポン酢でいただくチカラめしの大人焼き牛丼!!
うま塩ねぎ焼き牛丼
特製うま塩ダレに香り高い黒胡椒を効かせ、さっぱりレモンで仕上げた、チカラめしの塩焼き牛丼!!
のりキムチ焼き牛丼
韓国のりとキムチの抜群コンビでいただくチカラめしの韓国風焼き牛丼!!

東京チカラめしメニューのカロリー

東京チカラめしはメニューのカロリーを調査していないようだ。

公式サイト等でいくら探してもカロリーはどこにも表示されていないので、独力でカロリー計算するほかない。脂ぎった肉の丼だ。カロリーが高いことには間違いない。しかし、実際には想像以上にカロリーが低くて驚くことになりそうである。

吉野家の丼 東京チカラめしの丼

残念ながら、東京チカラめしはご飯の量が少なすぎるのだ。

東京チカラめしの丼を吉野家の丼と比較するとよく分かるのだけれども、丼に深みがない。口は広いが、浅い丼なのである。たっぷりの肉を敷き詰めつつも、ご飯の量を減らすのに適している丼だ。

炭水化物、タンパク質と比べて脂質の量はカロリーに多大な影響を及ぼす。しかし、たとえ東京チカラめしの牛肉がいくら脂ぎっていようとも、脂質の総量はそれほど変動しない。むしろ実質的にカロリーを左右するのは、ご飯の量なのだ。丼飯が何グラムあるかでカロリーは大きく左右される。ご飯の量が多ければカロリーは跳ね上がり、ご飯の量が少なければカロリーは控えめになる。

東京チカラめしの焼き牛丼(並)は、ご飯の盛りが控えめ、というか、ご飯の量が少なすぎる。とても残念なことなのだが、カロリーという点からは望ましい。少しだけだけれども慰めになる。

作者:馬場飯
inserted by FC2 system