新大久保の中華料理 - 高田馬場B級グルメ

餃子市 新大久保店

店舗外観

餃子市は2001年に六本木で創業した中国茶房8と同一グループだ。餃子市としては2005年9月に新所沢に一号店をオープンさせている。餃子市新大久保店は2007年2月11日にオープンした。

餃子市は2011年7月現在で三店舗を展開している。

中国茶房8とも共通する特徴なのだが、餃子市の強みは三点ある。

低価格で満腹の定食
餃子定食が格安だ。600円もしない。
しかもご飯のお代わりが自由だ。場合によってはスープやドリンクもお代わり自由だったりする。
必ず低価格で満腹になれる。
格安の北京ダック
北京ダック1羽が3,680円だ。4人揃えば一人頭920円で北京ダックを味わえる。
目の前でさばえてもらえる。鴨肉は辛口の炒め物に、骨はスープにしてもらえる。
隣席の家族連れが北京ダックを注文していたことがあるのだが、かなり羨ましかった。
多彩な210円前菜
呑兵衛には堪らない。紹興酒ボトル1,344円とこれら前菜があれば他には何も要らない。

2011年07月18日餃子定食

餃子定食 餃子

2011年7月18日に餃子市で餃子定食を食べた。580円だ。

餃子定食は、餃子10個にライス、サラダ、ザーサイ、スープがつく。餃子は野菜餃子で、挽肉と野菜のスタンダードな餃子だ。ニンニクは使用されていない。しかし餃子10個のライス推進力は偉大だ。お代わりを繰り返す。ライスは業務用の大きな炊飯器で硬めに炊かれている。ただ硬めに炊かれている。これだけでライスは最低条件をクリアできるのだ。悪くない。ご飯のすすむこと、この上ない。

サラダは大したことがない。ザーサイもスープも大したことはない。それでもメインメニューの餃子とライスが美味いだけで全ては許容範囲内になるのだった。

店舗

営業時間

11:00から29:00まで。年中無休。

住所

新宿区大久保2-2-11 ルート大久保1F

明治通り沿い東側で、大久保二丁目交差点から北に向かって徒歩数分。

餃子市の関連ページ

作者:馬場飯
inserted by FC2 system