閉店した高田馬場・早稲田のタイ料理店 - 高田馬場B級グルメ

タイ料理レストラン バンコク

2012年6月には閉店。

店舗外観

2006年9月1日に開業。

2009年07月23日バミー・ナーム・クン

バンコクでバミー・ナーム・クン(エビ入りタイラーメン)を食べた。890円である。

店舗

住所

新宿区高田馬場3-4-16MKビル2F

さかえ通り沿い南側。

参考

タイ料理 おばちゃんの台所 クルゥワメェーウィヌアンカン

2010年7月には閉店。跡地はやはりタイレストランでサムヤーン。

2009年5月創業。店名のクルゥワメェーウィヌアンカンはタイ語で「おばちゃんの台所」を指す。長い。覚えられない。

2009年12月09日パットガパオラードカオ

高田馬場駅からさかえ通りを北上して、商店街が終わる直前の左手に店がある。右隣は千代作だ。アコーディオン式の扉を開けて店内に入る。開けづらい。間口はとても狭いが、うなぎの寝床になっており、テーブル席もあるし、さらには二階席もある。

入口手前のカウンター席に座る。シナモンの香りがほのかにする冷茶を出される。素晴らしい。期待が高まる。

ガパオ

パットガパオラードカオを注文した。ホーリーバジルで炒めた鶏粗引き肉、タマネギ、ピーマン、レッドパプリカのご飯だ。スープもつく。

ガパオはスウィートバジルではなく多分ホーリーバジルだ。素晴らしい。ご飯はインディカ米ではなくジャポニカ米だった。残念だ。しかし味つけが濃いめで香り豊かなので、米の種類はそれほど記憶に残っていない。目玉焼きは揚げたものではなく、普通に焼いたものだった。残念だ。しかしこれはこれで悪くない。

具もご飯も量が多めだった。嬉しい誤算だ。スプーンが小さめなのだろうか。もっと頬張って食べたい。美味い。辛さはそこそこだったので、次回はもっと辛くしてもらおう。

最後に、どうでもいいことだが、レジ傍に店主のおばちゃんが宍戸錠と一緒に撮影された写真が貼ってあった。来店記念なのだろうか。

店舗

メニュー

品名(ランチメニュー)価格
鶏の炊き込みご飯セット750円
豚角煮ご飯セット
ガパオセット
トムヤンクンビーフンセット
センミーナームセット
パッタイセット

営業時間

11:00から14:30、17:00から22:00まで。定休日は日曜日。

住所

新宿区高田馬場3-4-14 1F

さかえ通り沿い西側。


より大きな地図で 馬場飯マップ を表示

参考

プリックタイ

2012年9月28日に閉店。跡地は別のタイレストラン。

店舗外観

ウェブ上では評価の高いことが多い店。

ガパオのごはんが日本米で、おまけにべちょっとおかゆみたいにやわらかい*というのは、2009年12月10日のゆんゆん氏のコメントだ。

店舗

営業時間

月・火・木・金曜日は11:30から14:00、18:00から23:00まで。ラストオーダーは22:30まで。水・土曜日、祝日は17:30から23:00まで。定休日は日曜日。

住所

豊島区高田3-36-2

高戸橋交差点から北東の住宅街のなか。大正製薬の裏手。

参考

作者:馬場飯
inserted by FC2 system