古式熊本拉麺 我羅奢 - 高田馬場B級グルメ

紹介

店外観

2008年8月28日に創業。店名は明智光秀の娘の細川ガラシャに由来する。現店主はトニー敏明氏。

店は明治通り沿いの東側にある。北狼の隣だ。最寄り駅は副都心線の西早稲田駅になる。ラーメン屋らしからぬ外観なので、ラーメン屋だと気づかずに通り過ぎる人も多いようだ。

店に入ると左手に食券機がある。全席がカウンター席だ。椅子は座ると座面が沈み込むタイプのものだ。

卓上には、トッピングの注文書が置かれている。我羅奢の最大の特徴だ。麺だけではなくトッピングも好みで量が調節できるのだ。他に卓上にあるのは魚粉と七味唐辛子、胡椒だ。

開店当初のメニューは4品で全て「熊本」をアピールしていた。

2009年の最初まではかなりのサービスを展開していたらしい。土曜日はラーメン半額デーで、平日は無料トッピング天国だ。

あまりのサービスぶりが祟ったのだろうか。2009年2月に店主が変わったようだ。

店主さんが変わりました。

それゆえ、つい最近発行されたラーメン本に堂々と書いてある土曜半額(350円)は、無かった事に・・・(ー_ー♯)

トッピングチョイスも

チャーシューのサイズ、縮小

メンマの量、ダウン

ネギの量はほぼ前の通り、

玉子は変わらず、1個、半分、無しから選べます。

麺の量は、特盛りができなくなり、大盛りが最大に・・・

その結果、トッピング注文書の項目自体に大きな変化はないが、実質的にトッピングのボリュームは減ったようだ。

2010年8月19日からはTwitterをはじめている。

訪問履歴

2009年07月20日つけ麺

我羅奢でつけ麺を食べた。確か750円だった。量が選べたので、最大にした。麺特盛(300g)、チャーシュー5枚、メンマ大、ねぎ大、味玉1個である。卓上には魚粉と七味。

麺は細麺だった。メンマは穂先メンマである。穂先メンマをはじめて食べた。柔らかくなかった。

最後はつけ汁が足りなくなりそうだった。満腹だ。

スタンプカードをもらえた。スタンプ10個でラーメン1杯が無料である。

2011年06月11日汁無し醤油そば

500円だった。

店舗

営業時間

定休日は日曜日、祝日。

住所

新宿区西早稲田2-21-6斎藤ビル1F

明治通り沿い東側で、馬場口交差点から南へ徒歩数分。


より大きな地図で 馬場飯マップ を表示

参考

作者:馬場飯
inserted by FC2 system