牛丼の種類(牛丼,牛鍋丼,開化丼,焼き牛丼) - 牛丼グルメ

牛丼

吉野家の牛丼並盛

牛丼とは、醤油等で甘辛く煮込んだ薄切りの牛肉とタマネギの丼飯のことである。

「牛丼」という名称の名付け親は吉野家創業者の松田栄吉らしい。吉野家が中央区日本橋の魚市場で創業した1899年がいわゆる「牛丼」の誕生年にも当たることになる。

歴史的には「牛めし」という名称のほうが先行していた。松屋が「牛丼」ではなく「牛めし」という名称をメニュー名に採用したのには、こうした歴史的経緯も影響を与えているに違いない。

牛鍋丼

たつやの牛どん(並)

牛鍋丼とは、甘辛く煮込んだ薄切りの牛肉とタマネギだけではなく、煮汁の滲みた豆腐やシラタキなども加えられた丼飯のことである。

「牛鍋丼」という名称は吉野家から引用した。なか卯では「和風牛丼」という名称で販売されているほか、個人経営の牛丼屋では一般的な「牛丼」「牛めし」といった名称で販売されているケースも多い。

牛丼チェーン店の価格競争が激化するなか、個人経営での牛丼業界への参入障壁は高く、既存の個人経営による牛丼屋も体力がないため、継続して営業できている店は僅かだけとなった。

現在でも営業している個人経営の牛丼屋で牛鍋丼が販売されていることが多いのは、豆腐やシラタキ入りの牛鍋丼が、大手牛丼チェーン店では味わえないメニューのため、牛鍋丼嗜好の少数の顧客を取り込むことで売上増加につながったり、豆腐やシラタキが牛肉と比べて低価格なため、原価減少につながったりして、閉店という結果に陥らずにすんだのかもしれない。

開化丼

神戸らんぷ亭の牛ハイカラとじ丼

親子丼は鶏肉とタマネギを玉子でとじた丼、他人丼は鶏肉ではなく牛肉や豚肉とタマネギを玉子でとじた丼だが、開化丼とは他人丼のうち特に牛肉を使った丼のことを指す。

開化丼とは、牛肉の玉子とじ丼のことである。現在、開化丼が販売されているのは、神戸らんぷ亭たつやぐらいかもしれない。

味噌牛丼

味噌牛丼とは、味噌味で煮込んだ薄切りの牛肉とタマネギの丼飯のことである。

牛丼のルーツは牛鍋にあるが、誕生時の牛鍋には煮汁の滲みた豆腐やシラタキは入っておらず、具は牛肉とネギのみで、味つけは味噌だった。

1890年代には誕生していた牛丼屋で提供されていた「牛めし」「かめちゃぼ」はきっと味噌牛丼だったに違いない。

味噌牛丼は、神戸らんぷ亭で2010年7月27日に販売が開始されたが、現在は既に販売終了となっている。

焼き牛丼

東京チカラめしの焼き牛丼(並)

焼き牛丼とは、煮込んだ牛肉ではなく、焼いた牛肉の丼飯のことである。

東京チカラめしが、焼いた牛肉の丼飯を「焼き牛丼」と称して販売を開始した。

作者:馬場飯
inserted by FC2 system