はなまるうどん日記2011年 - かけうどん(小)105円の美学

2011年06月16日かけ小:105円

はなまるうどんのかけ小

はなまるうどんでかけうどんの小を食べた。105円だ。激安だ。

ショウガ、天かす、ゴマが入れ放題だった。どれもありがたく頂戴する。

卓上に置かれた醤油をたらして食べる。

小腹を満たしながら休憩するのに、はなまるうどんは最良の選択肢の一つだ。

2011年06月26日かけ小:105円

はなまるうどんのかけ小

はなまるうどんでかけうどんの小を食べた。105円だ。

無料サービスのショウガ、天かす、ゴマは控えめにした。卓上の醤油をたらして食べる。

2011年07月03日かけ小:105円

はなまるうどんのかけ小

はなまるうどんでかけうどんの小を食べた。105円だ。

ショウガをたっぷりと入れた。卓上の醤油は使わない。ショウガとゴマの風味の効いた出汁で、うどんを食べる。悪くない。

かけそばは、美味いそばと不味いそばの差が大きいと思う。温かいつゆでもコシがあって、口当たりのよいそばは、たとえ蕎麦の風味が弱かったとしても、それなりに美味かったりするのだけれども、コシがなく口当たりのボソボソとしたそばを出す店がごく普通にあったりする。でも、かけうどんは、美味いうどんと不味いうどんの差が小さいような気がする。はなまるうどんでさえ、悪くないうどんが食べられる。

たかだか105円で、これだけ満足させられるなんて奇跡だ。

2011年07月04日かけ小:105円

はなまるうどんでかけうどんの小を食べた。105円だ。

ショウガをたっぷりと入れた。卓上の醤油は使わない。ショウガとゴマの風味の効いた出汁で、うどんを食べる。悪くない。

今回は松屋の牛めし(並)とあわせて食べた。満腹だ。

はなまるうどんの新しい利用法だった。他の何かとかけ小だ。組み合わせは、店の数だけメニューの数だけある。はなまるうどんから半径200メートル圏内はターゲットになりそうだ。

はなまるうどんは、はなまるうどんだけで完結しないでいいのだ。

2011年07月07日かけ小+緑黄色かき揚げ:105円+0円

はなまるうどんのかけ小+緑黄色かき揚げ

店頭から少し駅寄りの場所で割引クーポン付きのうちわを配布していた。天ぷらどれでも一品ご試食サービスらしい。素晴らしい!

はなまるうどんでかけうどんの小と緑黄色かき揚げを食べた。105円+0円だ。信じられない。105円で立派に一食分にありつける。

調子にのってしまった。天かすとゴマを丼に大量に投入する。ショウガを大量にかき揚げの取り皿にのせる。

緑黄色かき揚げはカボチャとニンジンのかき揚げだ。他にも緑黄色野菜が使われているのかもしれないけれど、よく分からなかった。カボチャのねっとりした食感と甘みが大部分を占めるかき揚げだった。これはこれで悪くない。ショウガを少量のせてから食べる。何かが違う。もっと美味い食べ方があるはずだ。サクサクとしたコロモではないので、出汁に浸して食べる。はなまるうどんのかき揚げはこの食べ方が正解のようだ。

ショウガを全て出汁に投入する。かき揚げをショウガの効いた出汁に浸しながら食べる。美味い。ショウガの効いた出汁が美味いのだが、これに助けられてかき揚げも美味くなる。

2011年07月07日かけ小+緑黄色かき揚げ:105円+0円

はなまるうどんのかけ小+緑黄色かき揚げ はなまるうどんの緑黄色かき揚げ

はなまるうどんでかけうどんの小と緑黄色かき揚げを食べた。105円+0円だ。緑黄色かき揚げは割引クーポン付きのうちわを利用してサービスになった。

本日、二食目のはなまるうどんである。

2011年07月08日かけ小+穴子天:105円+0円

はなまるうどんのかけ小+穴子天 はなまるうどんの穴子天

はなまるうどんでかけうどんの小と穴子天を食べた。105円+0円だ。穴子天は割引クーポン付きのうちわを利用してサービスになった。

穴子天は立派な大きさだが、肉薄でやや骨っぽい。コロモはサクサクとしていた。

肉薄だろうが、やや骨っぽかろうが、サービスなので気にならないが、産地だけは何だか気になる。

2011年07月11日かけ小+コロッケ:105円+0円

はなまるうどんのかけ小+コロッケ はなまるうどんのコロッケ

はなまるうどんでかけうどんの小とコロッケを食べた。105円+0円だ。コロッケは割引クーポン付きのうちわを利用してサービスになった。

コロッケは立派な大きさで、緑黄色かき揚げよりも腹にたまる。

コロッケはソースをかけて取皿の上で食べた。うどんにコロッケを入れるのは躊躇してしまった。うどんに入れて崩して食べる人もいるらしい。最後の一口二口はソースがなくなったので、卓上の醤油をかけて食べた。思ったよりも悪くない。

2011年07月14日かけ小そのまま+とり天:105円+0円

はなまるうどんのかけ小そのまま+とり天 はなまるうどんのとり天

はなまるうどんでかけうどんの小そのままととり天を食べた。105円+0円だ。とり天は割引クーポン付きのうちわを利用してサービスになった。

とり天は鶏肉が柔らかかった。コロモがさくさくしていたので、取皿にのせたままで、出汁には浸さなかった。

2011年07月17日かけ小+とり天:105円+0円

はなまるうどんのかけ小+とり天 はなまるうどんのとり天

はなまるうどんでかけうどんの小ととり天を食べた。105円+0円だ。とり天は割引クーポン付きのうちわを利用してサービスになった。

2011年08月06日かけ小そのまま:105円 - かけうどん食べ比べ(はなまるうどんvs小諸そば)

はなまるうどんのかけ(小)そのままを食べた直後に、小諸そばのかけうどんを食べて、どちらが美味いかを確認した。

はなまるうどん

はなまるうどんのかけ小そのまま

はなまるうどんでは、かけ(小)そのまま105円を注文した。

「小」にしたのは、その後、小諸そばのかけうどんを食べる予定だったこともあるが、はなまるうどんでは、とにかく小を注文することにしている。中を注文するくらいならば、小を二つ注文したい。丼が二つになるので、有料・無料のトッピングの組合せで二種類の味が楽しめるはずだ。「そのまま」にしたのは、何となくだ。本日は熱々のうどんよりも、ぬるめのうどんが食べたかった。具は青ネギだ。セルフサービスでは生姜をたっぷり、天かすを極少量だけのせた。今回はゴマは入れなかった。

はなまるうどんで、お馴染みのかけ(小)そのままを食べる。

うどんはコシがあり、つるっとした口当たりだ。中太で断面は正方形だ。出汁は、煮干し、さば節、昆布、うるめいわし節の一番出汁を使用しているらしい。煮干しの比率が半分以上とのことだ。透明感のある見た目の美しい出汁だ。醤油を入れたくなるが、実際には必要ない。たっぷりの生姜が効いていることもあって、何も追加しなくても、これだけで美味い。

常日頃から同じ感想しかないのだが、105円でこれほど満足させられるなんて奇跡としかいいようがない。

小諸そば

小諸そばのかけうどん

小諸そばでは、食券機でかけ230円を購入した。はなまるうどんの直後だと高価な買い物のような気がするから不思議だ。夏はかけではなく、必ずもりを食べることにしているので、かけのボタンを押すのは数カ月ぶりだった。

席について、うどんと伝える。そばと違って、うどんの茹で置きはない。必ず茹でたてが食べられる。

小諸そばで、初めてかけうどんを食べる。

うどんはコシがあって、中太で断面は正方形だ。やや茹で過ぎだったか。少しぬめりを感じた。出汁は関西風ということらしい。確かに見た目からそばのときの鰹節出汁とは違う。透明感がある。ただ味は思いのほか濃いめだ。はなまるうどんのほうが美味い。

具は白ネギだ。柚子胡椒もふって、味を整える。柚子の香りが全体を支配していく。これはこれで悪くないのだが、やはりはなまるうどんの生姜の効いた出汁には敵わない。

美味いのはどっち?

うどんはそれほど変わらないが、はなまるうどんのほうが口当たりの良さで勝っていたかと思う。ただし、はなまるうどんではいつも今回のうどんが食べられていたかというと、振り返れば角がボロボロになりかけているうどんを出されたこともあったような気がする。どちらが美味いというよりも、運不運に左右されることが多いかもしれない。

しかし、出汁が全く違う。はなまるうどんの出汁が決め手だった。おろし生姜を自由に好みの量だけ入れられる、はなまるうどんの圧倒的勝利だ。生姜の全く入っていない小諸そばでは太刀打ちできない。

かけうどんを食べるならば、小諸そばではなく、はなまるうどんが良い。

2011年08月13日かけ小そのまま:105円

はなまるうどんのかけ小そのまま

はなまるうどんでかけうどん(小)そのままを食べた。105円だ。たっぷりの生姜と少しばかりの天かすを入れた。小諸そば富士そばのような立ち食いそばチェーン店のうどんと比較しても、はなまるうどんのかけうどんは美味い。

はなまるうどんはうどん専門店なため、無料サービスでおろし生姜をトッピングすることができる。立ち食いそばチェーン店ではそうはいかない。この違いが実は大きい。うどんそれ自体や出汁、カエシの違いよりも、薬味の有無のほうが重要だったりするのだ。おろし生姜が加わるか加わらないかで丼全体の味わいが大きく変わる。

かけうどん小は105円で、二つ注文しても210円だ。やっぱり安い。安すぎる。立ち食いそばチェーン店のうどんよりも安い。そしてむしろ美味かったりもする。

断言できる。はなまるうどんのかけうどん(小)は高田馬場・早稲田界隈でその価格に比して最も美味いかけうどんだ

2011年09月23日かけ小そのまま@はなまるうどん+ハンバーガー@マクドナルド:105円+100円

はなまるうどんのかけ小そのまま

はなまるうどんでかけうどん(小)そのままを食べた。105円だ。たっぷりの生姜と少しばかりの天かす、ごまを入れた。無料サービスだ。おろし生姜の有無で丼全体の味わいが大きく変わるので、生姜の追加はオススメだ。

かけうどん(小)は牛丼やカレーとも相性が良い。はなまるうどんは、近隣の店とはしごすることで多種多様なメニューを楽しめる。

今回のかけうどん(小)のお伴はマクドナルドの100円ハンバーガーだ。

しかし、ハンバーガーを組み合わせず、コロッケでも追加注文したほうが良かった。ハンバーガーとうどんを組み合わせて食べても、それはそれで食べられるが、特別に美味くなるわけでもなく、ただ胃袋の容量がハンバーガーやうどんで満たされていくだけだ。牛丼で満たされ、うどんで満たされると、なぜか幸せに感じるのだけれども、ハンバーガーではそういうことはなかった。

かけうどん(小)のお伴にマクドナルドの100円ハンバーガーは合わない。が、それでも安く胃袋が満たされるので選択肢の一つにはなるかも。

2011年09月28日かけ小そのまま:105円

はなまるうどん高田馬場店は通常のはなまるうどんとはメニューが異な*っており、他店に先駆けてテスト販売が実施されているが、そんなメニューの一つに塩だれ豚ねぎうどんがある。

塩だれ豚ねぎうどん
2011年6月下旬から高田馬場店・目黒駅東口店・鶴見緑地店で販売*して2カ月間で約10,000食を売上げ、過去数年のテスト販売と比較しても、No.1の売上を記録*とのことだ。
はなまるうどんでは初の豚肉を使用したうどんのメニューで、厚切りの豚肉70gを使用しているらしい。
「洋包丁」のからし焼肉を連想させる豚肉(あれよりマイルドですが)。ライスの方が合うのでは?的な印象なり。*

2011年10月3日から全国販売の開始が決定した。松屋ネギ塩豚カルビ丼の余韻が残るこの時期に販売開始だ。少し関心がある。

しかし、きっと注文しないだろう。小で399円だ。やっぱり、はなまるうどんで注文すべきメニューは一つだ。

かけ小

かけうどん(小)そのままを食べた。105円だ。たっぷりの生姜に天かすとごまを入れた。無料サービスだ。おろし生姜の有無で丼全体の味わいが大きく変わるので、生姜の追加は絶対に必要だ。本日のうどんは特にモチモチとしていた。

2011年10月31日ぶっかけ小+かけ小そのまま:147円+105円

はなまるうどんのぶっかけ小

2011年10月31日にはなまるうどんで、ぶっかけ小を食べた。147円だ。

かけ小ではない。ぶっかけ小だ。冷やしで注文した。

ぶっかけ半額キャンペーンが原因だ。ぶっかけ小ならば通常価格295円が147円になる。中ならば399円が199円だ。残念ながら大は半額にならない。ちなみに高田馬場店では、10月28日から11月1日まで14時から24時までの間、半額だった。店舗によってキャンペーン実施期間や時間帯が変わってくる。ややこしい。

ぶっかけ小には大根おろしと青ネギがのっていた。レモンが添えられている。レモンを絞って、混ぜてから食べる。悪くない。それなりだ。しかし量が少ない。かけは出汁を飲み干せば、それなりに腹が膨れる。ぶっかけは出汁がない。これでは満腹になれない。

そっと席を立ち、厨房に向かって、かけ小を追加注文した。

はなまるうどんのかけ小そのまま

かけ小そのままを食べた。105円だ。たっぷりの生姜に、天かすとごまもたっぷり入れた。無料サービスだ。おろし生姜の有無で丼全体の味わいが大きく変わるので、生姜の追加は絶対に必要だ。

結局、かけ小も食べた。

冷たいうどんの後に、温かいうどんを食べる。これはいい。うどん尽くしで、満腹だ。

しかし、はなまるうどんのトレーは大きかった。二つの丼を並べてみたのだけれども、まだ天ぷらの皿を置く程度の余裕があった。将来、かけ小を二つ注文する日がくるかもしれないが、その良い予行練習になった。これで妙なところで思い悩まないですむ。

2011年12月04日かけ小:105円

2011年12月4日にはなまるうどんでかけ小を食べた。105円だ。

作者:馬場飯
inserted by FC2 system