はなまるうどん日記2012年 - かけうどん(小)105円の美学

2012年02月01日かけ小そのまま:105円

はなまるうどんのかけ小そのまま

2012年2月1日に、はなまるうどんでかけ小そのままを食べた。105円だ。

2012年になって、はなまるうどんで最初に食べたメニューはかけ小そのままだった。これ以外には考えられないという定番メニューだ。

はなまるうどんの最大の特徴はかけうどん(小)が105円であることだ。かけうどんは、より多くのお客様にはなまるうどんを召上っていただくためにサービス価格で提供させていただいております*ということらしい。かけうどん以外のメニューは割高に感じられてしまうほどの安さだ。折角、はなまるうどんに行ったのならば、かけうどんを食べたほうが絶対に満足できる。逆にかけうどんを食べないくらいならば、はなまるうどん以外に行ったほうがいいのではないかとさえ思う。はなまるうどんと言えば、かけうどんなのだ。

ということで、はなまるうどんでは、かけうどんを必ず食べることにしている。別にかけうどんに操を立てているわけではない。結果として、はなまるうどんに行ったら、いつのまにか、かけうどんを必ず注文していたし、今後もかけうどんを凌駕するメニューがない限りは、かけうどんを注文し続けるだろうという、それだけだ。

注文時に注意すべきは、「かけ小」で注文するか、「かけ小そのまま」で注文するか、その程度だ。かけ小そのままがいい。

無料サービスのトッピングには、おろし生姜、天かす、ゴマなどがある。おろし生姜はたっぷりと、天かすは出汁に油分を加えるつもりで極少量だけ、ゴマは気分で入れなかったり入れたりだが、今回は少しだけふりかけた。卓上調味料には醤油や七味唐辛子があるが、基本的には利用しない。

食べる。美味い。かけ小そのままは、やみつきになるほどの美味さではない。しかし、105円でこれだけのかけうどんが喰えることにはいつもながら愕然とさせられる。

2012年02月05日かけ小そのまま:105円

はなまるうどんのかけ小そのまま

2012年2月5日にはなまるうどんでかけ小そのままを食べた。105円だ。

東京チカラめしで焼き牛丼を食べたのだけれども、まだ小腹が空いていたので、はなまるうどんでかけ小も食べた。牛丼チェーン店とはなまるうどんのはしごは得意技になりつつある。松屋の牛めしから、はなまるうどんのかけ小といった具合である。二軒目をはなまるうどんにするのがポイントだ。最後はさっぱりと出汁を飲んで締めたいし、しかも満腹になった食後にのんびりくつろげる。ちなみに、マクドナルドのハンバーガーとかけ小の相性は悪いので要注意だ。

さて、ビッグニュースである。

2012年2月7日から11日まではなまるうどんの「うどん定期券」が販売される。有効期間は2012年2月20日から3月20日までだ。

うどん定期券とは、レジで提示するだけで、有効期間中は、毎日105円引きになる魔法のカード!だ。

店頭ではなくWebでの販売になるらしい。ポンパレというリクルートの割引チケット・クーポン共同購入サイトが「うどん定期券」の販売に協力するようだ。

とても楽しみだ。Webでの販売というのが何だかよく分からないのと、定期券の有効期間中はきっと混雑するに違いないのが、不安ではあるものの、多分、定期券を購入して積極的に活用しそうな自分がいる。

作者:馬場飯
inserted by FC2 system