こばやし@高田馬場 - 東京立ち食いそば

こばやしの紹介

こばやし 店舗 こばやし 店内

店舗

営業時間

月曜日から金曜日までは10:30から14:00、17:00から20:00まで。土曜日は11:00から14:00まで。定休日は日曜日と祝日。

住所

豊島区高田3-16-7

豊島区だけれども、最寄駅は高田馬場駅である。新目白通りの脇道で、とん太や二郎の近所である。

こばやしへの訪問履歴

こばやしのもりそば

もりそばを食べた。350円だ。

券売機はない。店の奥の厨房まで進んで注文する。入口左手に給水機があるので、コップに水を注いでから適当な席に着く。壁に向かった一人席と、テーブル席がある。入口右手にはテレビがあって地上波が放送されている。店内をあれこれ眺めたり、テレビを見ていると、黒い角盆で注文品が運ばれてくる。

そばは丸い平皿に敷かれた竹簀の上に盛られている。そば猪口は、少量の白ネギとわさびが盛られた薬味皿で蓋がされていた。食べはじめる。

こばやしのもりそば

そばは、北海道幌加内産そば粉を使用した石臼挽きそばである。生そばの二八そばで注文が入ってから茹ではじめる。そば殻の粒が散らばっている。

きっととても良い蕎麦に違いない。しかし、あまりにも立ち食いそばに親しみすぎてしまった自分にはもったいないそばのようである。いっそ十割蕎麦のボソボソ感までいけば、それはそれで楽しめたのだと思う。

蕎麦を手繰って感じたのは、もっとシコシコ感があったほうが美味いのにという感想だった。つなぎの多い同割そばのほうが好みになってしまっているようだ。こばやしでは、きっと上等のそばが上手に茹でられている。生煮え感もなく、ボソッとしたりもせず、ポキッと折れそうな硬さもない。弾力のある歯応えで口当たりもよい。

しかし、350円という高価格が、さらなるシコシコ感を求めてしまうのだ。ところが、その求めてしまうシコシコ感というのは、実はもっと低価格帯のそばの特徴だったりするのである。こばやしは、自分のような安上がりな好みの持ち主が行くような店ではなく、ちゃんとした蕎麦を安く楽しみたいという真っ当な好みの持ち主が行くべき店のようである。

こばやしのもりそば

出汁は利尻昆布、本節、宗田節、鯵節からとられる。次回の訪問時には、もりそばではなく、かけそばなどを注文して、出汁を堪能つくしてみよう。

なお、そば湯は小さな朱色の湯桶に入れられ、食べている最中に運ばれてくる。普通のそば湯にそば粉を加えることで、そばの風味を濃くしたそば湯である。量はたっぷりとあった。

こばやしは、蕎麦通の人たちからもっと絶賛されていて、何ら不思議はない蕎麦屋のような気がしてならない。こんなに美味い蕎麦がセルフサービスながらも激安価格で食べられるといった具合である。立ち食いそばの味、量、価格に慣れてしまった自分は、残念ながらきっとこばやしの良さを堪能しつくせてないに違いない。

作者:馬場飯
inserted by FC2 system