いこい - 熊谷B級グルメ

いこいの紹介

いこいの店舗外観

いこいは、上熊谷駅が最寄駅の焼きそばとフライの軽食屋である。

熊谷駅付近にある喫茶店のいこいと区別するため、いこい焼きそば店と表記されることもある。

メニューの焼きそばとフライは大か中かの2種類のみで、各々450円、400円のようだ。

いこいの訪問履歴

2012年10月焼きそば

いこいの焼きそば

2012年10月にいこいで焼きそばを食べた。

昼下がりである。暖簾をくぐる。

カウンター席が数席と、テーブル席にお座敷席がある。テーブル席に陣取る。

何か食べるものはあるかと尋ねると、焼きそばとお好み焼きがあるという。焼きそばを注文した。大盛にしたかどうかは忘れた。

壁面のメニューを見ると、フライがある。これが噂のフライか。そして気づいた。先ほどのお好み焼きというのはフライだったのだ。

カウンター席には常連客が数名いて、店主と話をしている。のどかだ。

焼きそばはまもなくして出された。麺は太めだ。油をたっぷり使った料理とご無沙汰していたものだから、オイリーな見た目にやや気後れする。

具は豚バラ肉にキャベツで、盛られた麺の頂上には紅生姜がのせられている。

青海苔ではなく、一味唐辛子だか七味唐辛子だかが焼きそばと一緒に出された。軽くふりかけてから食べる。

腹ペコだった。予想以上に美味い。

食べ始めると、店主は近所に買い物に出かけてしまった。カウンター席の常連客たちが留守番らしい。殺伐とした牛丼チェーン店ではありえない光景である。

食べ終える。テーブルに代金を置き、常連客に声をかけて店を出ようか迷っていたら、店主が帰ってきた。少し安心した。小心者である。

作者:馬場飯
inserted by FC2 system