熊谷うどん 熊たまや - 熊谷B級グルメ

熊たまやの紹介

熊たまやの店舗外観

熊たまやは、2009年6月23日に秩父鉄道熊谷駅改札口前で創業した熊谷うどんの店である。松本米穀精麦株式会社の直営店だ。

2012年10月時点で、山田うどんの熊谷407号バイパス店はとても遠く、丸亀製麺の熊谷店は中山道沿いにあるものの、徒歩では遠い。はなまるうどんに至っては熊谷に店舗がない。

熊たまやの立地条件は完璧である。チェーン店に怯えることなく熊谷ド真ん中で熊谷うどんを販売する。

店頭の看板を読む。

熊谷を食す。
熊たまやは、地域の食材にこだわった「熊谷うどん」専門店。
熊谷産の地粉を使ったうどんはもちろん、しょうゆ、たまご、ねぎ、大和芋。
そのまま一杯、熊谷をお召し上がり下さい。
熊谷は全国有数の小麦の産地
江戸時代から熊谷周辺は良質の小麦が栽培されていました。現在でも熊谷市内の収穫量はおよそ9,000万トンあり、本州でトップ、全国でも有数の小麦の生産地です。
小麦の大生産地となった背景には、「麦踏み」や「二毛作」など現在の麦作りの基本を全国に普及させ、後年「麦翁(ばくおう)」と呼ばれた権田愛三の存在があります。
熊谷産小麦100%の熊谷うどん
「熊谷産小麦」を熊谷で製粉した中力粉は、うどんを打つのに適度な粘りを持っています。昔からの熊谷産小麦の伝統を受け継いで作られる「熊谷うどん」は、他のうどんとはひと味違うおいしさです。コシがあり、ツヤがある、上品な麺。それが「熊谷うどん」です。
「熊たまや」では、地元熊谷産の小麦粉100%使用。「あやひかり」と「農林61号」の絶妙なバランスから生まれる「熊谷うどん」の風味と食感をご堪能下さい。

熊たまやの店舗入口

熊たまやは、朝採りたまご食べ放題!で、ごはんは国内産100%のお米を使用しており、大盛り無料!である。

生玉子が食べ放題というところがとても重要である。見逃して食券を購入するか、見定めて食券を購入するかで、お値頃感が大きく左右される可能性がある。

熊たまやの生玉子は、吉岡の里たまごだ。松本ファーム有限会社の経営する吉岡の里生産農場で朝採りされた玉子である。

松本ファーム有限会社は、熊たまやを直営する松本米穀精麦株式会社の関連会社である。国内産100%という米も、松本米穀精麦株式会社の米だろう。もちろん熊谷うどんも、松本米穀精麦株式会社の熊谷うどんだろう。

熊たまやは、松本米穀精麦株式会社の直営店として、見事なまでに効率的に機能している。

ところで、松本米穀精麦株式会社の代表取締役社長は松本邦義氏だ。小麦業界団体の熊谷小麦産業クラスター研究会の会長でもある。2007年6月11日に熊谷市内のうどん店主に説明会を開催し、熊谷うどんを市内に普及させたのは、熊谷小麦産業クラスター研究会である。

熊たまやの熊谷うどんこそ、熊谷うどんの仕掛け人、松本邦義氏自身が販売する熊谷うどんなのだ。熊谷うどんを語るならば、食べずに避けることのできない店だといえよう。

店内には熊たまやのこだわりが掲示されている。

また、店内では熊谷スパイスなるものも販売されている。40.9度 熱さ体感!だそうだ。店員に声をかけることで購入できる。1袋50円である。

熊たまやの店頭メニュー

熊たまやの店頭メニューだ。

メニューは9種類だが、そのうち5種類は玉子を含む。生玉子が食べ放題なのに、玉子を含むメニューが半数以上もあるのだ。玉子がかぶっていて、割高である。

残る4種類のメニューは、肉ねぎつけ汁うどん500円、きのこつけ汁うどん500円、とろろぶっかけうどん550円、ぶっかけうどん400円である。

食べ放題の生玉子をたくさん食べて堪能するためには、つけ汁よりもぶっかけのほうがいい。汁が多いし、器も大きい。

残る2種類のメニューは、とろろぶっかけうどん550円、ぶっかけうどん400円である。

とろろ150円が割高なことを考慮すると、注文して満足できそうなメニューは、ぶっかけうどん400円だけである。

熊たまやの券売機メニュー

熊たまやの券売機だ。

当店は生麺をていねいに釜でゆでておりますので 少々お時間がかかる場合もございます御了承下さいませとのことだ。

なお、券売機の押ボタンは、本来は6×6の36個である。メニューを9種類に限定し、メニューの説明・写真で余計な押ボタンを隠している。3×3の9個という分かりやすく美しい配置だ。

迷わず右下のぶっかけうどんを選ぼう

熊たまやでぶっかけうどん以外の割高なメニューを注文するならば、他店で食べたほうがいい。ディープな熊たまやユーザーになれるかどうかは、熊たまやのぶっかけうどんと相性が良いか悪いかにかかっている。

熊たまやの店舗情報

営業時間

平日は10:00から14:00、17:00から21:00まで。

土日祝日は10:00から19:00まで。

年中無休。

住所

埼玉県熊谷市桜木町1-202-1

秩父鉄道改札口前

作者:馬場飯
inserted by FC2 system