雪くま - 熊谷B級グルメ

雪くまとは?

2003年度から熊谷市は「元気なまち熊谷ひとづくり支援事業」を開始して、2005年度には「元気なまち熊谷ひとづくり支援事業」は熊谷市の「暑さ」をテーマとして「あついぞ!熊谷ひとづくり支援事業」になった。「あついぞ!熊谷」事業の誕生である。熊谷市職員による熊谷市活性化プロジェクトチームは、「あついぞ!熊谷」事業に参画するなかで、かき氷「雪くま」を考案し、2006年度に「雪くま」は熊谷ブランド創造事業として予算化された。

かき氷「雪くま」は「あついぞ!熊谷」事業のなかで誕生したのだ。このあたりの経緯は、熊谷市民ならば、市政宅配講座を利用することで市職員から「感動『雪くま物語』」という話を聴けるらしい。羨ましい。

2007年8月17日に熊谷市は国内観測史上最高の40.9度に達した。名実ともに「あついぞ!熊谷」になったわけである。雪くまは、同年11月には「埼玉B級ご当地グルメ王決定戦!味の競演 in Gyoda」に参加して、肌寒い天候のなか14品目中4位と健闘した。

雪くまの販売店

雪くま販売店数の推移

正しくないかも。あくまでも目安に。

雪くまのれん会とは?

雪くまのれん会とは、雪くまの販売店の集まりである。

初代代表は慈げんの宇田川和孝氏だ。2012年に慈げんが雪くまのれん会を脱会して、新しい代表はシノン洋菓子店の小島實氏になった。

慈げんの脱会は、販売するかき氷が雪くまの条件から外れたことが原因らしい。のれん会に入会する店舗を指導していた慈げんがのれん会を退会するのだから、退会を余儀なくされたのではなく、意図して退会したのだろう。

慈げんさんはとにかく別格デス!

単に 「雪くまのれん会」 会長さんってだけじゃなくて、

発想&こだわりよう&お味が、格が違うのだよ…いつも期待以上のものが出てくる♪

作者:馬場飯
inserted by FC2 system