メーヤウ早稲田店のチャレンジカリー - メーヤウ愛好者の回想

メーヤウ早稲田店に、暴力的な辛さのカレーが戻ってきたチャレンジカリーである。週替わりカリーの5週目、すなわち5週目のある月しか注文する機会のない幻の激辛カレーこそ、チャレンジカリーである。

メーヤウ早稲田店のチャレンジカリーとは何か?

チャレンジカリー
辛さレベル★★★★★★MAX!!
メーヤウ史上最強最辛のカリーにチャレンジされてはいかが?!
旨辛のルーにお好きな具をトッピングできます

メーヤウ早稲田店のチャレンジカリーの説明

メーヤウ早稲田店で画期的な試みが行われている。

移転前のメーヤウ旧早稲田店では、暴力的な辛さでチキンカリーが提供されていた。辛さに身体が慣れてしまったのかもしれない。しかし記憶がより暴力的な辛さのメーヤウを求めるのだ。チキンカリーは気楽に注文できなかった。勝負だったのだ。今は激辛チキンカリーも気軽に注文できてしまう。以前はその辛さのため、ライスが不足しがちだった。が、今となっては大盛450g程度だとライスがあまってしまい、プリックナンプラーライスとして残ったライスを食べることになってしまう。あの辛さに対するワクワク感はもう戻ってこないのだろうか。

メーヤウ早稲田店に、暴力的な辛さのカレーが戻ってきたチャレンジカリーである。2012年7月30日に販売を開始した。週替わりカリーの5週目がチャレンジカリーである。5週目のある月しか注文する機会がない。幻の激辛カレーである

メーヤウ早稲田店のチャレンジカリーにチャレンジ!

メーヤウ早稲田店のチャレンジカリーにチャレンジ1回目

メーヤウ早稲田店のチャレンジカリー

何も知らなかった。

チャレンジカリーの看板があった。かなり辛いらしい。新メニューのようだ。とりあえずチャレンジしてみよう。

600円と割安のようだ。具が少ないらしい。お好みの具をトッピングするためには+150円が必要で、追加すると通常のメーヤウカリー750円と同一価格になる。計算は合う。

トッピングはせず、ライスは大盛で注文する。

トッピングをしなかった場合、ゆで玉子半個だけが具だった。カレーには粒々が浮いている。粒々は粉末ではない。形を成している。唐辛子だ。

とりあえずカレーをライスに一杯かけて食べ始める。

辛いインド風激辛チキンカリーのカレーの辛味刺激が大幅に増量された味わいだ。

警戒する。ここからはカレーとライスのバランスが重要だ。幸いにもライスは大盛で注文した。カレーを全てライスにかけて、よく混ぜ合わせる。バランス良く食べたい。

食べ進める。口中のヒリヒリ感が堪らない。汗が噴き出た。身体が少し痙攣した。でも、食べられない訳ではない。

食べ切った。暑い?水を飲む。汗が噴き出る。また水を飲む。しかし、身体が火照っている。消化するのを待つ。熱い。大丈夫か、俺?

二日後のトイレがツラかった。とても辛かった。

メーヤウ早稲田店に、暴力的な辛さのカレーが戻ってきた。美味い不味いとは別次元だ。食べ尽くすことがリスクだ。完食したら危険なのである。そんなチャレンジ感を味あわせてくれるメニューがとうとう復活したのだ。素晴らしい!

メーヤウ早稲田店のチャレンジカリーにチャレンジ挫折

チャレンジに挫折した。

2013年3月は25日(月)の週がチャレンジカリーだと思っていた。違うらしい。

2013年3月1日(金)、2日(土)が第一週のキーマカリーではなく、3月1日(金)から10日(土)までが第一週のキーマカリーにされている。

すると、3月31日(日)は定休日になるので、2013年3月はチャレンジカリーは販売されない月になってしまう。

普通に考えれば、3月3日(月)は第二週である。3月1日(金)から10日(土)までの10日間を第一週とするなんて、メーヤウ早稲田店は強引すぎる。

俺にチャレンジさせろよ!頼むよ!

作者:馬場飯
inserted by FC2 system