松屋のみそ汁(無料サービス)は本当に薄いか? - 松屋ファンクラブ

松屋のみそ汁

松屋のみそ汁は、他の牛丼チェーン店と比べて、量がたっぷりとあり、薄味のみそ汁だ。具は油揚げとワカメである。なお、瓦葺会長の日本の食卓といえば麹の味噌汁だ。という意向*から[こうじ]入りのみそ汁になったらしい。

松屋のみそ汁は本当に無料サービスか?

本当だ。松屋のみそ汁は無料サービスだ。

数店しかない頃からの伝統的なサービス*らしい。

店舗外観

丼・カレーにはみそ汁が無料でサービスされる松屋の特徴を表すために、みそ汁は松屋のロゴにも採用されている。大きな赤丸がお盆で、青丸が丼、そして黄丸がみそ汁椀だ。それにあらためて看板の店名も眺めてみると、「松屋」の「松」の「ハ」のところが、丼とみそ汁椀に見えてくる。面白い。

この看板を見る限り、今後もみそ汁は有料になることなく、無料サービスであり続けるような気がして安心できる。

松屋のみそ汁は寸胴鍋で調理されていたのか?

本当だ。松屋のみそ汁は寸胴鍋で調理されていた。

どうやら2011年夏から秋にかけて、寸胴鍋から現在のみそ汁サーバーへと機械化されたようだ。このみそ汁サーバーは、みそ汁マシン、みそ汁ディスペンサーとも呼ばれるらしい。

寸胴鍋の頃は、はっきりと麹入りのみそ汁だと分かったが、現在はどうなのだろう。

松屋のみそ汁は本当に薄いか?

松屋のみそ汁は薄いという噂がある。本当に松屋のみそ汁は薄いのだろうか。

実際にみそ汁を飲むと、確かに薄く感じる。松屋特製オリジナルカレー用辛味スパイスをふりかけたくなる。卓上に辛味スパイスがない場合は七味唐辛子をふりかけたくなる。腹の調子が今ひとつのときには、薄いままガブ飲みだ。

念のため、みそ汁に含まれるナトリウム量を調べてみた。

店名ナトリウム量
松屋0.611g
吉野家0.7g
すき家1.490g

断トツですき家がトップだった。松屋と吉野家は接戦である。しかし松屋と吉野家のみそ汁の量を思い出してもらいたい。たとえ薄かったとしても、松屋のみそ汁は吉野家のみそ汁と比べて量が多かったではないか。そもそもベースとなる水分量が違うのだ。

松屋のみそ汁は確かに薄いが、量が多いため飲みごたえがある。濃いめのみそ汁が好みの場合、卓上調味料を駆使して好みの味を見つけられれば、明日以降の松屋ライフで幸福度が間違いなくアップする。みそ汁を薄めにする代わりに量を増やすという方向性は、卓上調味料が充実している限り、むしろ大歓迎だ。

松屋のみそ汁に蓋?

通常、松屋のみそ汁に蓋はついていないが、神奈川県内の一部店舗ではみそ汁に蓋がついているようだ。

2013年3月時点で蓋付きみそ汁を味わえる店舗だと分かったのは以下の通りである。

松屋ではカレーにもみそ汁がサービス

松屋ではカレーにもみそ汁がサービスされる。

カレーにみそ汁が合うかどうかは関係ない。松屋ではカレーにもみそ汁がサービスされるのだ。それが松屋なのだ。

松屋特製オリジナルカレー用辛味スパイス

2012年5月に松屋特製オリジナルカレー用辛味スパイスは卓上から消えました。

松屋特製オリジナルカレー用辛味スパイスをかけたみそ汁

松屋特製オリジナルカレー用辛味スパイスは、その名の通りオリジナルカレー用の辛味スパイスだが、これを味噌汁にかけることで、劇的に味噌汁の味を変えることができる。味噌汁が、舌を刺すような辛味のあるスープに変わるのだ。味噌汁を飲み干したあとに、水を一杯飲むことが必須になるが、ちょっとした一品が追加されたような気分になれる。味噌汁の味がものたりなくて、以前から七味唐辛子を少量かけて味噌汁を飲んでいたのだけれども、それが今は松屋特製オリジナルカレー用辛味スパイスに変わってしまった。

松屋のみそ汁の薄さを補うのに、松屋特製オリジナルカレー用辛味スパイスは最適の選択肢だ。

作者:馬場飯
inserted by FC2 system