松屋の朝定食(ソーセージエッグ定食は伝説的メニュー?) - 松屋ファンクラブ

松屋の朝定食

松屋の朝定食は4種類だ。

焼魚定食(小鉢除き590kcal):440円
焼魚+ライス+みそ汁+焼きのり+ミニお新香+選べる小鉢
ソーセージエッグ定食(小鉢除き670kcal):390円
ソーセージ+目玉焼き+ミニ生野菜+ライス+みそ汁+焼きのり+ミニお新香+選べる小鉢
ソーセージエッグ定食Wサイズ(小鉢除き749kcal):440円
ソーセージ+目玉焼き2つ+ミニ生野菜+ライス+みそ汁+焼きのり+ミニお新香+選べる小鉢
定番朝定食(小鉢除き574kcal):350円
ライス+みそ汁+焼きのり+ミニお新香+生玉子+選べる小鉢

選べる小鉢は4種類だ。

松屋の朝定食は、選べる小鉢が選択できることで、実質的には16種類になる。

表形式で整理すると、4種類の定食の共通点と相違点がはっきりする。

メニューカロリー
(小鉢除く)
価格ライス+みそ汁
+焼きのり
+ミニお新香
+選べる小鉢
焼魚ソーセージ
+目玉焼き
+ミニ生野菜
生玉子単品価格計
150円+0円
+50円
+40円(?)
+α
240円50円
+50円
+50円(?)
50円
焼魚定食590kcal440円240円+α240円480円+α
ソーセージエッグ定食670kcal390円240円+α150円390円+α
ソーセージエッグ定食(Wサイズ)749kcal440円240円+α200円440円+α
定番朝定食574kcal350円240円+α50円290円+α

朝定食には、焼きのりとミニお新香が必ずつく。牛めしや豚めしではなく、朝定食を注文するということは、肉を減らす代わりに焼きのりやミニお新香を注文するということである。朝からでも牛めし(値引中240円)や豚めし(290円)が食べきれる場合、松屋ではそれが最もお得なメニューだ。牛めしや豚めしはそもそもが破格の価格設定なのだ。さらに、松屋では丼ものにみそ汁が無料サービスされるので、定食を頼むメリットがよりいっそう減っている。

朝定食は、安いから注文するのではない。多種少量のおかずでヘルシーに朝飯を食べたいから注文するのである。

定番朝定食の生玉子は、+40円するとソーセージ+目玉焼き+ミニ生野菜に変わり、+90円すると焼魚に変わる。

ソーセージエッグ定食

ソーセージエッグ定食

ソーセージエッグ定食は、ソーセージ+目玉焼き+ミニ生野菜+ライス+みそ汁+焼きのり+ミニお新香+選べる小鉢のセットだ。390円である。

定番朝定食の生玉子が、+40円するだけでソーセージ+目玉焼き+ミニ生野菜に変わり、ソーセージエッグ定食となる。このお得感に惹かれてしまう。目玉焼きはそれほど好みではない。いっそ生玉子でもいいぐらいだ。しかしソーセージとミニ生野菜が+40円で追加されるとなれば話は別だ。ソーセージエッグ定食ではなく定番朝定食を注文するのが悔しくなって気さえする。松屋で朝定食を注文するならば、定番朝定食ではなくソーセージエッグ定食がいい。お値打ち感が全く違う。

選べる小鉢は4種類で、納豆、とろろ、ミニ牛皿、冷やっこから選べるが、ミニ牛皿が良い。定食を食べ進めた後で、残ったライスにミニ牛皿をかけ、つゆダク牛丼ミニとして食べるのだ。これがソーセージエッグ定食の最大の楽しみだ。ソーセージエッグよりもむしろミニ牛皿のほうが実はメインのおかずになる。

さて、ソーセージエッグ定食だ。まずはみそ汁を一口啜り、焼きのりとお新香から食べはじめる。焼きのりに醤油を垂らして、ご飯を巻きながらお新香と合わせて食べる。日本の朝飯らしい朝飯だ。続けて目玉焼きをご飯にのせてソーセージと一緒に食べる。少し洋風になった。生野菜にはフレンチドレッシングがいい。そして最後は、残ったご飯にミニ牛皿をかけ、つゆダク牛丼ミニとして食べる。やっぱりここは松屋だ。みそ汁を飲み干す。これで腹八分目にはなる。時間が経つにつれて満腹感が訪れるので、朝はこれぐらいがちょうどいい。満足だ。

作者:馬場飯
inserted by FC2 system