メルシー@早稲田 - 高田馬場B級グルメ

紹介

店舗外観

1958年に早稲田大学南門付近で創業、1970年に現在の地に移転した。店主は初代が小林日出男氏で、現在は二代目の小林一浩氏だ。初代日出男氏の親戚で大学時代は店に居候をしながらアルバイトをしていた。卒業後に2年間の会社勤めをしたものの、養子入りをしてメルシーを継いだ。

南門付近で営業していた時代は現在も看板に「軽食」と残るように、ドンブリものに定食、クリームソーダと学生の喜びそうなものはひと通り出してみた。名残として今もメニューにコーヒーは残り、ドライカレーやオムライスも常連に根強い人気を誇る。「それでもやっぱり学生に人気があったのは、安いラーメンだったね。昔はマージャン屋が何軒もあったでしょう? 出前の注文がいっぱい来てね…」

メルシーというラーメン屋には似つかわしくない店名はこの頃の名残である。ちなみに、学生の間での噂だが、店名のメルシーは、ラーメンの代金が390円で、サンキューなので、フランス語でメルシーと名付けたという話があるらしい。創業当時、ラーメンの価格は33円だったので、噂はあくまでも噂のようだ。

もやしそば

麺は中太ストレート麺である。モチモチとしており、食べ応えがある。

スープは煮干出汁だ。そのうえでガラスープを使用しているらしい。醤油ダレが効いており、しょっぱいと感じる人も多い。あっさりしている。「火加減、にぼしの量には毎日気をつけています。たぶん、にぼしは他のお店よりもたくさん使ってる。日によってにぼしは味の出方が違うから、毎日食べて確かめて。出が弱い時は、合わせるガラスープの量を調節して、味が一定になるように気をつけてますね」(二代目店主・一浩さん)

具は、たっぷりのもやし、ゆで玉子、メンマ、コーン、ネギだ。ラーメンにはチャーシューが入るが、もやしそばはチャーシュではなく代わりにゆで玉子が入る。味玉子ではなくゆで玉子だ。残念である。しかし味噌ラーメンではなく醤油ラーメンにコーンである。何だかそれだけで懐かしい。

なお、暗黙の約束があるようだ。

訪問履歴

  1. 2009年12月18日もやしそば

店舗

品名価格
ラーメン400円
もやしそば420円
タンメン480円
やさいそば500円
チャーシューメン630円
五目そば660円
ライス170円
半ライス100円
品名価格
チャーハン490円
ドライカレー490円
ポークライス490円
オムライス590円
ビール530円
ビール小ビン330円
コーラ170円
ジュース170円

営業時間

10:30から19:30まで。定休日は日曜日、祝日。

住所

新宿区馬場下町63

早稲田駅の高田馬場駅寄りの改札口から北へ徒歩直ぐ。


より大きな地図で 馬場飯マップ を表示

参考

作者:馬場飯
inserted by FC2 system