キッチンミキ(500円ランチ,ハンバーグ)@早稲田 - 高田馬場B級グルメ

キッチンミキの紹介

キッチンミキの店舗外観 キッチンミキの看板

キッチンミキの創業は1963年で、店主の山内康行氏は二代目で早稲田商店会会長も務めている。早稲田で現存する最古の定食屋(洋食屋)である。ライフでも1964年、三品食堂でも1965年の創業だ。

早稲田大学が開講している場合は定休日の日曜日や祝日でも開店していることがある。まさに早稲田大学学生御用達の洋食屋である。店内が狭いので、混雑時にはゆっくりと寛いで食べる雰囲気ではない。胃袋を満たしたら店を直ぐに出よう。かといって男子学生だけではなく、女子学生にも利用されている。女性が一人で利用して違和感のない店である。

キッチンミキの

をよろしくね。

店内で食事ができるほか、弁当の販売もしており、さらには洋食屋であるのに出前もしているらしい。近隣の雀荘への出前が有名のようだ。

店舗

営業時間

11:00から20:00まで。定休日は日曜日、祝日。

住所

新宿区西早稲田1-20-10

グランド坂通り沿い北側で、道路を挟んだ斜め向かい側にはインド定食ターリー屋 西早稲田店


より大きな地図で 馬場飯マップ を表示

品名価格
ミキランチ500円
ハンバーグ
チーズハンバーグ
和風ハンバーグ
マヨハンバーグ
梅味ハンバーグ
イタリアンバーグ
クリームシチューバーグ
品名価格
若鶏の唐揚げ500円
メンチカツ600円
チキンカツ600円
ミックスフライ600円
白身魚フライ500円
ポークカレー500円
14時からのメニュー価格
豚肉のしょうが焼き600円
オムライス500円
チキンライス500円
オムライスとハンバーグ750円
ライス価格
大盛+100円
半ライス-50円

ミキランチ

キッチンミキのミキランチ

ミキランチが500円と安く、しかも量が多い。ランチとあるが、営業時間中はいつでも注文できる。

ミキランチは大人のお子様ランチである。例えばある日ではメンチカツ、白身魚フライ、カレー、ナポリタン、ハム、マカロニ、ライス、サラダが一皿にのせられていた。山盛りだ。スープもつく。残念ながらメンチカツも白身魚フライもぺったんこだ。カレーはちょろっとかかっているだけ。しかし全てが集まると結構な量になる。立体的に積み上げられることで、何とかワンプレートに収まっている。

大人になった今、お子様ランチのワクワク感はないが、しっかりと腹にたまるボリューム感がある。これが嬉しい。

まるで長崎のトルコライスそのもの*と評する方もいた。鈴木隆祐『東京B級グルメ放浪記』の「大人のお子様ランチをめぐる冒険」ではミキランチこそがトルコライスの代表であるかのように冒頭に掲載されている。これぞコスパ最高のワセメシの極北。すべてにおいて品がよい。女性考案というのも頷ける。弁当箱に収まっては分からぬ、均整の取れた美しさを見よ!といった具合である。べた褒めだ。

ハンバーグ

キッチンミキはハンバーグの店である。出入口横に看板が掲げられている。

キッチンミキでは6種類のハンバーグが500円で提供されている。ハンバーグはミキランチよりも量が控えめだが、味に定評があるようだ。チェーン店やファミレスよりも同価格帯以下で美味いハンバーグが食べられるに違いない。

ライス大盛+100円

キッチンミキのライス大盛+100円は、ライスが二倍になるらしい。

ポイントカード

ポイントカードがあり、30食(30ポイント)で1食サービス*になる。

キッチンミキへの訪問履歴

  1. 2009年10月12日ミキランチ

キッチンミキの関連ページ

作者:馬場飯
inserted by FC2 system