蒙古タンメン中本(北極,冷し味噌の激辛ラーメン聖地) - 高田馬場B級グルメ

蒙古タンメン中本の紹介

蒙古タンメン中本の店舗外観 蒙古タンメン中本の卓上調味料

蒙古タンメン中本は、首都圏で最も有名な激辛ラーメンチェーン店だ。店名にもなった蒙古タンメンが定番メニューだ。創業は2000年2月10日である。

店外には行列のあることが多い。人気店だ。食べた後も直ぐに席を立たざるを得ない。のんびりと食事をするのには向いていない。

店のイメージカラーは赤だ。辛さを連想させる。

券売機で食券を購入する。

蒙古タンメン中本の愉快な方々

白根誠氏
蒙古タンメン中本店主で株式会社誠フードサービスの代表取締役。
1960年3月31日生、埼玉県熊谷市出身。

蒙古タンメン中本の歴史

1968年 中国料理中本創業

1968年9月に東京都板橋区で中本正氏が中国料理中本を開店させた。

1998年 中国料理中本閉店

1998年12月に中国料理中本が閉店した。

2000年 蒙古タンメン中本創業

2000年2月10日に白根誠氏が蒙古タンメン中本を開店させた。

2011年 蒙古タンメン中本 高田馬場店オープン

2011年9月10日に高田馬場店が開店した。

蒙古タンメン中本への訪問履歴

2011年09月24日半蒙古丼+半冷し味噌ラーメン:480円+380円

蒙古タンメン中本の半蒙古丼 蒙古タンメン中本の半冷し味噌ラーメン

2011年9月24日に蒙古タンメン中本で半蒙古丼と半冷し味噌ラーメンを食べた。480円+380円だ。

半蒙古丼は、蒙古丼を半分の量にしたメニューだ。具は、蒙古タンメンの麻婆豆腐、肉と野菜で、他にスライスしたゆで玉子と小口切りの白ネギものる。まさに蒙古タンメンの丼版である。

半冷し味噌ラーメンは、冷し味噌ラーメンを半分の量にしたメニューだ。激辛つけ麺である。蒙古タンメン中本のレギュラーメニューのなかで最も辛いメニューだ。

何よりもつけ汁が独特だ。赤く輝いている。唐辛子とラー油の赤だ。見た目どおり激辛である。麺は中太ストレート麺で、熱いスープに入れるとその柔らかさが気になるが、つけ麺として食べるときにはコシも感じられるし、口当たりもよい。具はもやしと、つけ汁に沈められている肉片になる。

半冷し味噌ラーメンに先立ち、半蒙古丼が出された。食べはじめる。麻婆豆腐、野菜をライスと一緒に味わう。卓上の紅生姜を加えて、かき混ぜる。悪くはない。くたくたに煮込まれた野菜と辛味を際立たせた麻婆豆腐の丼だ。辛味は控えめである。

半蒙古丼を食べている途中で、半冷し味噌ラーメンが出された。主役の登場だ。半蒙古丼は半冷し味噌ラーメンを美味く食べるために脇役として注文したにすぎない。本当に食べたいのは半冷し味噌ラーメンなのである。

麺をたっぷりのつけ汁に絡ませて食べる。辛い。美味い。やはり癖になる。汗が噴き出る。もやしと麺を合わせて辛さを和らげながら食べる。それでも汗が止まらない。しかし美味い。味わいながら食べ尽くす。そしてつけ汁が余る。

食べかけている半蒙古丼に、残ったつけ汁を投入する。冷し味噌雑炊だ。今ひとつ何かが欠けていた半蒙古丼のピースが埋まる。美味い。この組合せは絶妙である。

久しぶりの中本を堪能した。しかも高田馬場で堪能できた。とても満足だ。

2012年02月02日半蒙古丼+半冷し味噌スープ:480円+170円

蒙古タンメン中本の半蒙古丼+半冷し味噌スープ

2012年2月2日に蒙古タンメン中本で半蒙古丼と半冷し味噌スープを食べた。480円+170円だ。

半蒙古丼は、蒙古丼を半分の量にしたメニューだ。具は、蒙古タンメンの麻婆豆腐、肉と野菜で、他にスライスしたゆで玉子と小口切りの白ネギものる。まさに蒙古タンメンの丼版である。

半冷し味噌スープは、冷し味噌ラーメンのつけ汁を半分の量にしたメニューだ。激辛スープである。蒙古タンメン中本のレギュラーメニューのなかで最も辛いメニューだ。赤く輝いている。唐辛子とラー油の赤だ。見た目どおり激辛である。肉片が沈んでいる。

半蒙古丼に半冷し味噌ラーメンでは少し量が多めなことに気づいたので、今回は半蒙古丼に半冷し味噌スープをあわせた。

半蒙古丼から食べはじめる。麻婆豆腐、野菜をライスと一緒に味わう。悪くはない。くたくたに煮込まれた野菜と辛味を際立たせた麻婆豆腐の丼だ。丼全体では辛味は控えめである。くたくたになるまで煮込まれた野菜を許容できるかどうかが、半蒙古丼を気に入るかどうかの分かれ目のような気がする。それほど好みではないが嫌いなわけではない。

主役はあくまでも半冷し味噌スープだ。半蒙古丼は半冷し味噌スープを美味く食べるために脇役として注文したにすぎない。本当に味わいたいのは半冷し味噌スープなのである。

適量まで減らした半蒙古丼に、半冷し味噌スープを投入する。冷し味噌雑炊だ。今ひとつ何かが欠けていた半蒙古丼のピースが埋まる。やっぱり美味い。この組合せは絶妙である。満足だ。

2012年02月03日冷し味噌ラーメン+プチ麻婆丼:770円+0円

蒙古タンメン中本の冷し味噌ラーメン+プチ麻婆丼

2012年2月3日に蒙古タンメン中本で冷し味噌ラーメン+プチ麻婆丼を食べた。770円+0円だ。

冷し味噌ラーメンは、激辛つけ麺である。蒙古タンメン中本のレギュラーメニューのなかで最も辛いメニューだ。

半冷し味噌ラーメンや半冷し味噌スープを食べてきたが、とうとう我慢ができなくなった。半分ではない冷し味噌ラーメンを注文した。何よりもつけ汁が独特だ。赤く輝いている。唐辛子とラー油の赤だ。見た目どおりの激辛で、肉片が沈んでいる。麺は中太ストレート麺で、熱いスープに入れるとその柔らかさが気になるが、つけ麺として食べるときにはコシもそこそこ感じられるし、口当たりもよい。具はもやしと、つけ汁に沈められている肉片になる。

麺をたっぷりのつけ汁に絡ませて食べる。可能な限りつけ汁を絡ませる努力をする。とても辛い。そして美味い。やはり癖になる。汗が噴き出る。もやしと麺を合わせて辛さを和らげながら食べたりもする。汗が止まらない。しかし美味い。味わいながら麺を食べ尽くす。

最後にプチ麻婆丼に、残ったつけ汁を投入する。冷し味噌麻婆雑炊だ。美味い。やっぱり最後の締めは冷し味噌スープの雑炊がいい。

2013年2月冷しチャンタンメン超辛+プチ麻婆丼:750円+0円

蒙古タンメン中本の冷しチャンタンメン超辛+プチ麻婆丼 蒙古タンメン中本の冷しチャンタンメン超辛の麺 蒙古タンメン中本の冷しチャンタンメン超辛のつけ汁

2013年2月に蒙古タンメン中本で冷しチャンタンメン超辛+プチ麻婆丼を食べた。750円+0円だ。

2013年2月冷しチャンタンメン超辛+プチ麻婆丼:750円+0円

蒙古タンメン中本のプチ麻婆丼 蒙古タンメン中本の冷しチャンタンメン超辛 蒙古タンメン中本の冷しチャンタンメン超辛のつけ汁

2013年2月に蒙古タンメン中本で冷しチャンタンメン超辛+プチ麻婆丼を食べた。750円+0円だ。

ラーメンつけ麺
品名辛さ価格品名辛さ価格
北極ラーメン★★★★★800円 冷し味噌ラーメン★★★★★770円
五目蒙古タンメン★★★850円 冷し五目蒙古タンメン★★★★850円
蒙古タンメン★★★770円
五目味噌タンメン★★★★900円 冷し五目味噌タンメン★★★★830円
味噌タンメン★★750円
湯麺★なし730円 冷しラーメン★なし750円
品名辛さ価格
蒙古丼★★★800円
半蒙古丼★★★480円
半冷し味噌ラーメン★★★★★+380円
半冷し味噌スープ★★★★★+170円
定食★★+170円

蒙古タンメン中本の店舗

上板橋本店
住所:板橋区桜川3-5-1 キャッスル桜川1F
営業時間:10:00-26:00
定休日:無休
池袋店
住所:豊島区西池袋3-26-6 サンサーラ西池袋ビル2F
営業時間:9:00-26:30
定休日:無休
新宿店
住所:新宿区西新宿7-8-11 美笠ビルB1F
営業時間:9:00-26:30
定休日:無休
目黒店
住所:品川区上大崎2-13-45 トラストリンク第3ビル1F
営業時間:平日11:00-24:00、土日曜日10:00-24:00
定休日:無休
吉祥寺店
住所:武蔵野市吉祥寺南町2-9-10 吉祥寺ファーストビル1F
営業時間:日-木曜日11:00-24:00、金・土曜日11:00-25:00
定休日:無休
亀戸店
住所:江東区亀戸5-32-2 シャトーマルカ1F
営業時間:火-金曜日11:00-15:30、17:00-23:00、土曜日・祝日10:00-23:00、日曜日10:00-22:00
定休日:月曜日
御徒町店
住所:台東区上野5-20-3 ラーメン横丁内
営業時間:月-木曜日10:30-23:00、金・土曜日10:30-24:00、日曜日10:30-22:00
定休日:無休
渋谷店
住所:渋谷区道玄坂2-6-17 TOHOシネマズ渋谷B2F
営業時間:11:00-22:30
定休日:無休
高円寺店
住所:杉並区高円寺南3-70-1 高円寺ストリート2番街B1F
営業時間:11:00-23:00
定休日:無休
町田店
住所:町田市中町1-1-3 町田リラビル1F
営業時間:11:00-23:00
定休日:無休
大宮店
住所:さいたま市大宮区仲町1-60 アイス大宮ビル2F
営業時間:火-日曜日11:00-23:00
定休日:月曜日
高田馬場店
住所:新宿区高田馬場1-26-5 FIビルB1F
営業時間:火-日曜日11:00-21:00
定休日:月曜日

蒙古タンメン中本の関連ページ

作者:馬場飯
inserted by FC2 system