俺の空 - 高田馬場B級グルメ

紹介

2001年創業。店主は嶋本宗薫氏。2003年カップ麺。2006年2月28日「我空」を池袋に開店。2007年5月26日「我空」を閉店して「俺の空 池袋店」を開店。

高田馬場の俺の空で辛浸け豚そば大盛を食べた。800円だ。

2009年の夏だった。店内が暑い。熱気が外に逃げていない。

麺は平打ち気味の中細麺で、表面がツルっとしており、舌触りがよい。大盛で400gだ。量が多い。つけ汁は魚介の香りを感じる程度に辛味を抑えたものだった。具は豚のほぐし肉、玉ネギ、青ネギだ。

記憶に残ったのは、暑さだ。味は悪くなかったはずだ。しかし記憶に残ったのは、暑さだ。つけ麺を楽しむ環境ではなかった。

店舗外観

2009年の秋だ。

池袋の俺の空で辛浸け豚そば大盛を食べた。800円だ。

麺は平打ちで中細の多加水麺だ。表面がツルっとしており、舌触りがよい。大盛で400gだ。量が多い。

つけ汁だ。辛かった。痺れた。美味い。麺は中細麺である。つけ汁に浸して食べる。辛くて痺れて美味いつけ汁を上手に引き上げてくれる。太麺のように麺それ自体を味わうには淡白すぎる。つけ麺では麺それ自体を味わいたいので残念である。しかしつけ汁を味わうために、この麺はしっかり役割を果てしている。脇役なのだ。主役になって欲しいのに名脇役になってしまうので、それはそれで残念だ。しかし主役のつけ汁が美味すぎたので、今回は脇役になってもらってもいいかもしれないと思えてしまう。

具は豚のほぐし肉、玉ネギ、青ネギ、海苔だ。豚のほぐし肉がつけ汁に浸っている。美味い。辛くて痺れる。海苔は麺の上に小さめのがのる。あってもなくても大差ない。

辛浸け豚そば

2002年の大晦日だ。日本テレビが放送した。「史上最大!全国民が選ぶ美味しいラーメン屋さん列島最新ベスト99」だ。俺の空は1位だった。2001年創業で2002年に全国1位だ。一躍有名になった。あっという間に行列店だ。2009年11月現在、行列はなかった。初回の訪問で過ぎ去った過去の栄光を感じ、二回目の訪問で1位になった店の底力を感じた。

800円という価格設定。メニュー数を絞り込む。オプションの注文を受け付けない。卓上の調味料は胡椒だけ。いい意味でのこだわりなのか、利益を追求しているのかが不透明だ。太麺になったらもっと美味いと思うのだけれども、回転率が悪くなるからいつまでたっても実現しないかもしれない。残念。

訪問履歴

  1. 2009年08月24日辛浸け豚そば@俺の空 高田馬場店
  2. 2009年11月01日辛浸け豚そば@俺の空 池袋店
品名価格
掛け豚そば800円
掛け豚玉そば900円
浸け豚そば800円
浸け豚玉そば900円
豚めし200円

店舗

営業時間

11:00から19:00まで。売切仕舞。無休。

住所

高田馬場店

新宿区高田馬場4-2-31瀬古ビル103

山手線線路沿い西側。東西線早稲田駅の高田馬場駅戸山口から直ぐ。


より大きな地図で 馬場飯マップ を表示

池袋店

豊島区東池袋1-31-7原ビル1F

豊島区役所の東沿い裏通り。


より大きな地図で 馬場飯マップ を表示

参考

参考

作者:馬場飯
inserted by FC2 system