三朝庵(カレーうどん,カツ丼発祥の店)@早稲田 - 高田馬場B級グルメ

三朝庵はカレーうどん・カツ丼発祥の店である。

早稲田大学傍にある。味ではなく記念に訪問してもらいたい。歴史に想いを馳せながら味わおう。

早稲田最老舗らしい。

カレーうどん発祥の店

三朝庵はカレーうどん発祥の店である。

1904年頃に三朝庵の店主がカレーうどんを発明した。井上宏生『日本人はカレーライスがなぜ好きなのか』(平凡社新書、2000年11月)にその逸話がある。

大学ができると、三朝庵は学生や教授たちで千客万来のにぎわいをみせた。大隈もここの蕎麦を好み、たびたび舌つづみを打っていたという。しかし、それも長くはつづかなかった。早稲田界隈にもカレーの店が登場し、学生たちの人気を奪ったからだ。こうして三朝庵は存亡の危機にさらされたのである。

そこで当時の主人は一念発起、「ご飯にカレーが乗っているなら、うどんにカレーが乗ってもおかしくはないはずだ……」、そう考えたのだった。彼は老舗の存亡をかけてカレーうどんの開発に情熱を注ぎ、試行錯誤ののち、二年後、あのとろみのあるカレーうどんを発明したのだ。一九〇四年ごろのことである。

カレーうどんはたちまちハイカラ志向の学生たちの評判をあつめ、三朝庵はかつてのにぎわいをとりもどしたといわれる。

しかし中目黒の朝松庵もカレーうどん発祥の店を主張しており、1908年に大阪でカレーうどんを売り始めたとしている。席上のメニュー裏には「カレー南ばん カレー丼 の由来」が書かれている。

「最近、急速に洋食というものが盛んになってきたがこの洋食の味を取り入れてみてはどうだろうか」 こんな考えの元に二代目酉之介が研究を重ね、苦心の末に「カレー」を新しい種物として「うどん」に掛けて「カレー南ばん」、「ご飯」に載せて「カレー丼」として大阪は谷町で、「東京そば」と号して手打ちの店を開業し売り始めました。時に、明治四十一年秋のことです。

大阪での大成功から売れるとの確信を得て、明治四十三年東京の店でも売り出したのです。しかし、同業者に材料まで持参し宣伝しましたが、老舗といわれる店では門前払い、或いは体よく追い払われる始末でした。しかしながら根気良く宣伝して歩いた甲斐合ってか、大正三、四年頃には業界にも認識され相当数の店が看板を掲げるようになりました。以来、八十有余年、独特の味は「一子相伝」連綿として守り続けております。

1904年頃の三朝庵が発祥の店なのか、1908年の東京そば、今の朝松庵が発祥の店なのか、これ以上は調べようがなかった。

井上宏生『日本人はカレーライスがなぜ好きなのか』(平凡社新書、2000年11月)では、朝松庵の二代目角田酉之介氏をカレーうどんではなく、カレー蕎麦の発明者としている。

「カレー南蛮蕎麦」を発明したのは目黒の蕎麦屋「朝松庵」だとされている。

朝松庵の創業は一八九二年ごろだといわれるが、この店も三朝庵同様、カレーライス人気に押され、日を追うごとに客足が遠のいていた。そこで、当時の主人が洋食と蕎麦との折衷料理を考えだし、「カレー南蛮蕎麦」を誕生させたのだった。夏目漱石が 『三四郎』を書いた翌年、一九〇九年ごろと伝えられる。

井上岳久『カレーの雑学』(日東書院、2007年2月)にも同様の記載がある。

カレー南蛮の誕生は、1908(明治41)年のことといわれている。発明者は、東京から大阪に移って開店した1軒のそば屋のあるじ、角田酉之介氏。ちょうどこのころ、都会では洋食人気に押され、そば屋のような在来の食べものを商うお店は、どこもさびれがちであった。

そこで氏は、「最近急速に洋食というものが盛んになってきたが、この洋食の味をとりいれてみてはどうだろうか」と考え、そばに仕えそうな材料をとにかく手あたり次第に試してみた。そうしているうちに、カレーだけがなんともそばとなじみがよく、「これはいける!」ということになって、発売を開始したのだそうだ。

大阪で朝松庵の二代目角田酉之介氏が売り始めたのは、カレーうどんではなく、カレー蕎麦だったのかもしれない。この件についてもこれ以上は調べようがなかったのだが、以上から推測するに1904年頃の三朝庵でカレーうどんが発明され、1908年の東京そば、今の朝松庵でカレー蕎麦が発明されたのではないだろうか。朝松庵で発明されたのはカレーうどんではなく、カレー蕎麦なのであって、それが誤ってカレーうどん発祥の店として伝わっているのだと思う。カレー南蛮とはカレーうどんなのかカレー蕎麦なのか、その不明瞭さが誤った伝わり方をした原因なのかもしれない。

なお、三朝庵の現在のカレーうどんについては以下が詳しい。

三朝庵の元祖カレーうどんは、小さな丼になみなみとおつゆが入ったビジュアルにまずそそられます。しっかりと和出汁を感じさせ、まろやかな甘味もあり、ちょっとスパイシーな味わいのカレーつゆ。具は豚バラ肉に玉葱とシンプルです。うどんは昨今流行っている讃岐系のコシのあるものではなく、柔らかめに茹で上げられたうどん。しかしどっしりとした食感は非常に満足感があります。薬味の刻み葱が別添えになっているのが良いです。肉も玉葱もすべて褐色になってしまった丼に乗せられる真っ白い葱は、単調で飽きて来た頃にさっと入れることで見た目でも味でもいいアクセントになります。そしてこちらでは蕎麦湯も出て来ます。うどんですが蕎麦湯。これを最後に丼に注ぐことで、また違った味わいを楽しむことが出来るのです。

店の存在は『カレー南ばん』を食べ歩いてから早期に知っていたが、そばじゃなくて『カレーうどん』の発祥のようだし、クチコミでの評判も芳しいものじゃなかったので行くのをためらっていた。

まぁ、それでも避けては通れぬ存在だと思っていたし、『そばのうまい店(東京)』にも載っているので、今日行ってみたのだった。

もちろん、『カレー南ばんそば』¥780をいただく。

食べてみると...

なんだ、マイルドでなかなかいいじゃん。

確かに普通っぽいけど、飽きが来なくて週に何度か通って食べてもいいような感じ。

本の紹介文は褒め過ぎだけど、転記しておきましょう。

「カレー南蛮そばの元祖がここ。早稲田マンにはなつかしい味。

明治時代から続く、ここのカレー南蛮はうどんもあるが、本命は、べっ甲色をして、甘さがある昔のままの味のカレーそばだ。

ここはカレー南蛮そばの元祖であり、豚肉の三枚肉を使うのが特徴。

醤油とみりん、白砂糖の元汁と、かつお節のだし汁を混ぜたもりつゆに、豚肉と玉ねぎを入れて煮たもので、混ぜて食べると最高においしい。」

カツ丼発祥の店

また、三朝庵はカツ丼発祥の店でもある。

カツ丼には、玉子とじカツ丼以外にもソースカツ丼や塩カツ丼、おろしカツ丼などがある。これらカツ丼の元祖は玉子とじカツ丼ではなくソースカツ丼だった。その誕生には諸説ある。

  1. 1913年に高畠増太郎氏が東京の料理発表会で披露し、1917年には同氏経営の洋食屋であるヨーロッパ軒で提供されはじめたとする説
  2. カフェハウスの常連だった中西敬二郎氏が考案し、1921年には同店の店頭にポスターを貼ったとする説

前者は、どんぶり探偵団編「ベストオブ丼」(文藝春秋)の説だ。

大正六年に、『(早稲田)正門前の鶴巻町を少し行った右側』の『余りパッとしない食堂』でソースカツ丼を食べたという早稲田高等予科(当時)学生の証言もあり、また、『どんぶり探偵団』は、その食堂の主人・高畠増太郎さんの存在をつきとめている。ドイツでの料理修行を終えた高畠さんは、大正二(1913)年に東京で開かれた料理発表会で創案のソースカツ丼を披露し、早稲田鶴巻町の自店で売り出したのだ。カツ丼の先駆者は高畠さんなのである。

後者は、Chinchiko Papalog「ソースカツ丼と和風カツ丼の物語」の説だ。

毎日「カフェハウス」で昼食をとり、少ないメニューの中からカレーライスとカツライスとを交互に注文していた。ところが、毎日カレーとカツとで飽きあきしてしまい、違うメニューが食べたくなった。そこで、カツライスの飯を丼に移し、カツをその上に載せて、特製の「グレピー」(ソースと小麦粉を合わせたグレービーソースもどきのこと)をかけ、グリーンピースを散らしたソースカツ丼を発明した。

中西自身がポスターを作り、「カフェハウス」の店頭に貼ったのは、1921年(大正10)2月のこと。

ヨーロッパ軒もカフェハウスも早稲田だ。私たちのよく知るカツ丼(玉子とじカツ丼)の前に早稲田では既にソースカツ丼が誕生していた。

三朝庵はソースカツ丼ではなく玉子とじカツ丼発祥の店である。

四代目女将の加藤峯子氏はその誕生を語る。昔はお金持ちでなければ洋食屋に行けない時代で、宴会料理の冷えた残りを煮て出したのが始まりだとか、カツがたまたま余ったとき、もったいないからと、早稲田の学生さんの提案もあって作ってみたのがカツ丼だったんですといった具合だ。

カレー南蛮とカレーうどん

カレー南蛮とカレーうどんは麺で区別される。麺が蕎麦の場合はカレー南蛮で、うどんの場合はカレーうどんだ。しかし両者の区別は曖昧になってきており、麺が蕎麦ではなくうどんでもカレー南蛮と呼ぶことがあるらしい。以下はWikipediaによるカレーうどんの定義である。

だし汁にカレー粉を加えてカレー風味にしたものか、だし汁で延ばした和風カレーをつゆとして用いたうどんである。麺が蕎麦に変わると「カレー南蛮」になる。ただし最近では「カレー南蛮うどん」「カレー南蛮そば」の両方をメニューに加える店もあり、前者つまりカレーうどんと同じものを「カレー南蛮」と称する例も出てきた。

しかも麺がうどんで長ネギを使ったものをカレー南蛮、タマネギを使ったものをカレーうどんとして区別する場合もあるようだ。

長ネギではなく玉ねぎを使ったものをカレーうどんと区別する店もある。

現在では、カレー南蛮というと、一般にねぎを使い、カレーうどんというと、ねぎの代わりに玉ねぎを使うことが多く、これが違いといえば違いです。

そもそもカレー南蛮の「南蛮[なんばん]」とはネギ(長ネギ)を指す。

大阪の「難波[なんば]」がネギ(長ネギ)の産地だったため、「難波」が転じて「南蛮」になったとする説が有力らしい。

「カレー南蛮」や「鴨南蛮」などでは、「南蛮」はネギのことを指している。なお、この用法に関しては「大阪の難波(なんば)がかつてネギの産地だったことから転じた」とする説も有力である。すなわち、本来は「鴨難波」や「カレー難波」であったが、音が近いために、南蛮漬け等と混同して「南蛮」と記されるようになったものであるという

その一方で、「南蛮」は「難波」ではなく「南蛮煮」に由来するという見解もある。

大坂や上方には古くから南蛮煮という料理があって、角川古語辞典でも「新撰大阪詞大全」や「浪花聞書」などに「ねぶかにて炊いたものを南蛮煮(なんばんに)(なんばに)と云う」とあって、ネギと南蛮煮の関係がわかる。

途中「ねぶか」とはネギ(長ネギ)のことだ。南蛮煮の「南蛮」もやはりネギ(長ネギ)を指すのだ。

江戸で「鴨そば」を「鴨南蛮」と呼んだ背景は、昔から上方にあった南蛮煮という料理の呼称をもじって品書きに載せたことがそのまま受け入れられて定着したのであり、一方、大阪や上方の「あんかけ南蛮」や「カレー南蛮」も、江戸とは多少違うが日頃慣れ親しんでいた独自の食文化であった南蛮煮(なんばに)の呼称をとったもので、つまるところどちらも大坂・上方の南蛮煮(なんばんに・なんばに)という料理名をもとに付けられた名前であったのではなかろうか。

カレー南蛮の「南蛮」が「難波」「南蛮煮」のいずれに由来するにせよ、「南蛮」がネギ(長ネギ)を指すことに変わりはない。南蛮といえば長ネギであり、長ネギではなくタマネギを使った料理を南蛮とはやはり言えなかったのだろう。

店舗

営業時間

11:00から17:00まで。売切仕舞。定休日は木曜日。

住所

新宿区馬場下町62

馬場下町交差点の北東角。


より大きな地図で 馬場飯マップ を表示

参考

作者:馬場飯
inserted by FC2 system