sobako.@高田馬場 - 東京立ち食いそば

sobako.の紹介

sokoba.の店舗外観

sobako.は2012年6月22日に高田馬場で創業した立ち飲み蕎麦屋である。

蕎麦屋のイメージとも、高田馬場という街のイメージとも似つかわしくないピンクが印象的な店舗外観である。入店しづらいこと、この上ない。

栗山圭介氏が、高田馬場に、素敵な立ち飲み蕎麦屋、『sobako』を オープンしました*とのことなので、sobako.の店主は栗山圭介氏で、立ち食いそば屋というよりも立ち飲み蕎麦屋ということらしい。なお、栗山圭介氏はクリエイティブ・ディレクターで有名な方らしい。また、看板には「WINE」の四文字があるので、日本酒ではなくワインと一緒に蕎麦という立ち飲み蕎麦屋なのかもしれない。

何はともあれ、十割そばが390円で喰えるのはありがたい。花びが閉店になった現在、低価格で十割そばを味わえる店が開店したのは素晴らしい出来事だ。

しかし他の目立ったメニューに天ぷらの類が見当たらない。あるのはグリーンスムージーである。緑の葉物野菜と果物をミキサーにかけたジュースらしい。健康のために緑の葉物野菜を摂取したいのだけれども、それだけでは飲みづらいので、果物も一緒にミキサーにかけたものらしい。要するに野菜ジュースである。

十割そばとグリーンスムージーの相性とかはきっと考えてはいけない。きっと十割そばを食べたい客はグリーンスムージーなんてどうでもいいのだろうし、ジューススタンド的にグリーンスムージーを飲みたい客は十割そばなんてどうでもいいのだろう。

多分、sobako.が短期間で閉店に至らないためのポイントは一つだけだ。十割そば390円がどれだけ質と量で客を満足させられるかである。

品名価格
十割そば390円
グリーンスムージー390円
ランチセット
そば+お好み丼
580円
作者:馬場飯
inserted by FC2 system