すき家の朝食(たまごかけごはん朝食) - 牛丼グルメ

すき家でモーニング(三種類の朝食メニュー)

すき家では早朝5:00から10:30までの時間限定メニューとして朝食メニューが販売されている。

すき家の朝食は3種類だ。

たまごかけごはん朝食
たまごかけごはん朝食は、ごはん・みそ汁・たまご・たまごかけしょうゆ・しらすおろしのセットである。
200円、576kcalだ。
納豆朝食
納豆定食は、ごはん・みそ汁・たまご・たまごかけしょうゆ・しらすおろし・納豆のセットである。
280円、687kcalだ。
鮭朝食
鮭朝食は、ごはん・みそ汁・たまご・たまごかけしょうゆ・しらすおろし・鮭のセットである。
360円、698kcalだ。

全ての朝食のごはんは無料で大盛にすることができ、また、+60円でみそ汁をとん汁に変更することができる。

すき家の朝食セット

すき家の朝食セット

すき家でたまごかけごはん朝食が販売される以前、すき家では店舗限定・期間限定メニューで朝食セットが販売されていた。

すき家の朝食セットは、ごはん・みそ汁・たまご・たまごかけしょうゆ・味付け海苔・お新香のセットだった。

店舗限定とあるが、少なくとも2012年2月時点ではすき家高田馬場駅北店とすき家東池袋店、すき家大久保二丁目店で朝食セットの販売を目撃している。都内のすき家の多くで提供されていたのではないだろうか。しかも大久保二丁目店では200円ではなく190円だった。

その後、詳細はよく分からないが、場合によっては、味付け海苔とお新香ではなく、しらすおろしになって、ライスも大盛ができるようになったようだ。

そして、メニュー名を朝食セットからたまごかけごはん朝食に変更したうえで、2012年5月15日から全国で販売が開始された。

すき家のたまごかけごはん朝食

すき家のたまごかけごはん朝食

すき家のたまごかけごはん朝食は、ごはん・みそ汁・たまご・たまごかけしょうゆ・しらすおろしのセットである。

並、大盛が同額の200円で、ミニが180円である。カロリーは並が576kcal、大盛が697kcal、ミニが454kcalだ。

2012年5月15日午前5時から販売が開始された。

毎朝すき家で健康スタート!!が宣伝文句のようだ。

すき家のたまごかけごはん朝食 すき家のたまごかけごはん朝食

すき家のたまごかけごはん朝食は、意外にも見た目は充実していた。

玉子は殻の割られる前で出された。二つの小鉢が重ねられている。割った玉子をかき混ぜるための小鉢が出されるのは良いのだけれども、最初から割られて出されていたらもっと嬉しかった。そして玉子なのだが赤玉だった。玉子は赤玉でも白玉でも栄養価は変わらないが、消費者の嗜好から赤玉は白玉よりも高価格で取引される傾向があるようだ。赤玉であるのを確認して、一瞬嬉しくなりつつも、冷静に考えると白玉にしてもらって、その分を少しでも価格に反映させてもらったほうが嬉しい。

しらすおろしは、しらすが乾燥気味で量も少なく、大根おろしもおろし切れていない大根のかけらが含まれていた。このしらすおろしの残念さは想像以上だった。

みそ汁は、細切りの油揚げとワカメのみそ汁で、青ネギが散らされていた。悪くない。

すき家のたまごかけごはん朝食 すき家のたまごかけごはん朝食

予想外だったのが、すき家特製たまごかけしょうゆである。出汁醤油らしい。

すき家の卓上には、紅生姜、七味唐辛子、和風ドレッシング、フレンチドレッシングの他に、醤油も用意されている。しかし、すき家特製たまごかけしょうゆは、この卓上の醤油とは全く別物である。塩辛さが控えめの代わりに、出汁の旨味が効いていて、玉子の甘味と混同している可能性はあるけれども、確かに甘味も感じた。これが意外にも美味いのだ。

生玉子をたまごかけしょうゆと混ぜながら溶いて、ごはんに投入し、軽く混ぜてから食べる。悪くない。もう少しだけたまごかけしょうゆを追加して、軽く混ぜてから食べる。美味い。生玉子とごはんだけである。だからこそ、醤油の味に大きく左右される。すき家のたまごかけしょうゆは素晴らしかった。食べ尽くす。満足である。

すき家のたまごかけごはん朝食は、しらすおろしに惹かれて注文した人に、あらためて玉子かけご飯の美味さを感じさせてくれるメニューである。

作者:馬場飯
inserted by FC2 system