高木やのつけめん(辛子みそ,あわせ,マイルド) - 高田馬場B級グルメ

辛子みそつけめん

高木やの辛子みそつけめん

つけめん(辛子みそ)は、高木やの定番メニューである。

蒙古タンメン中本とはつけ汁の味が似ていると言われている。修行していたのではなく独学にて中本の味を目指した*とのことだ。つけ汁は濃い赤に染まっている。味噌の赤みに加えて、何よりも唐辛子の赤だ。ラー油が浮いているのも見える。見た目どおり辛い。辛味の増量は+50円でできる。最大は超辛で+150円だ。50円ごとに唐辛子粉が一山つけ汁に追加される。

つけ汁はお代わり自由である。別味のつけ汁は別つけダレとなって+350円だが、同じつけ汁の場合はお代わり自由で無料サービスになる。辛味に耐性があるならば、つけめん(辛子みそ)の普通盛か大盛でつけ汁をお代わりしてもよい。麺の量と比べてつけ汁の量が圧倒的に増えるので、思う存分に堪能できる。

麺は全く似ていない浅草開花楼の極太麺。まるでゴムのような弾力とコシ、つけダレとの絡みもいい*。太い縮れ麺だ。口当たりはツルっとしているが、粉っぽさもあり、つけ汁を上手に引き上げてくれる。モチモチとしており、とても食べ応えのある麺だ。美味い。蒙古タンメン中本の麺よりもむしろ美味い。しかし麺量は少ない。200gだ。+50円で大盛にできる。300gになる。+200円のダブルにすると普通の2倍で400g、+300円の超盛にすると普通の3倍の600gになる。

細麺やあつもりでも注文できる。細麺は未体験のような気がする。極太麺が美味すぎて細麺に変更する気が起きないのだ。あつもりにすると不味い麺もあるが、高木やの麺はあつもりでも美味い。つけ汁が冷めやすいので、寒い日はあつもりを注文しても悪くない。

つけ麺の具は、半熟味玉子半個ともやし、つけ汁に沈められている肉片だ。肉の量は少ない。残念である。半熟味玉子はその一瞬だけ辛さが優しくなり楽しめる。もやしは歯ごたえがよく、食感の変化を楽しめる。ちなみに+200円のダブルにすると、半個の半熟味玉子も二倍になる。麺以外もダブルになるわけだ。

何はともあれ定番のつけめん(辛子みそ)がお勧めだ。麺が美味いにもかかわらず量が少ないので大盛がいい。辛味を増すのは、投入される唐辛子粉が増量されるだけなので要らない。しかし、つけ汁のお代わりは必須である。麺とつけ汁の量のバランスが変わり、辛味も旨味も増す。

辛子みそつけめんあわせ

つけめんは、高木やの定番メニューである。

高木のつけめんの辛さは、辛子みそが星五個、辛子みそあわせが星四個、辛子みそマイルドが星三個だ。

つけめん(辛子みそあわせ)を注文した記憶がない。本当に注文したことがないのかもしれない。

辛子みそつけめんマイルド

つけめんは、高木やの定番メニューである。

高木のつけめんの辛さは、辛子みそが星五個、辛子みそあわせが星四個、辛子みそマイルドが星三個だ。

つけめん(辛子みそマイルド)を注文した記録が残っていた。2009年7月20日までには既にマイルドを注文したことがあったらしい。

もはや全く記憶に残っていない。

作者:馬場飯
inserted by FC2 system