立ち食いそばの蕎麦粉と小麦粉の割合 - 東京立ち食いそば

立ち食いそば屋のそばの蕎麦粉の最低比率は何%か?

立ち食いそば屋で販売されるそばの蕎麦粉と小麦粉の割合に規制はない。

「不当景品類及び不当表示防止法」(景表法、景品表示法)に従って不当な表示さえしなければ違法ではない。たとえ蕎麦粉が1割に満たなくても、不当な表示さえしなければ、「蕎麦」とか「そば」とか表示して販売できるのだ。

生めん類の表示に関する公正競争規約

「生めん類の表示に関する公正競争規約」では、そば粉30%以上、小麦粉70%以下の割合で混合したものを主たる原料としたものを「そば」としている。

しかし、「生めん類の表示に関する公正競争規約」が対象とするのは、スーパーやコンビニ等で販売されている生めんのうち、公正マークが表示されているものである。公正マークが表示されていないものや、当然ながら立ち食いそば屋で販売されているかけそば、もりそば等は対象外である。

農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律

乾めん類の日本農林規格

「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」(JAS法)に基づく「乾めん類の日本農林規格」(JAS規格)では、そば粉の配合割合が40%以上の干しそばに対してJAS規格による格付の表示をできるとしている。格付は、40%以上で「標準」、50%以上で「上級」となる。

しかし、JAS規格が対象とするのは、スーパーやコンビニ等で販売されている乾めんのうち、JASマークが表示されているものである。JASマークが表示されていないものや、立ち食いそば屋で販売されているかけそば、もりそば等は対象外である。

乾めん類品質表示基準

「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」(JAS法)に基づく「乾めん類品質表示基準」では、そば粉の配合割合が30%未満の干しそばに対して、その配合割合の表示を義務づけしている。

しかし、「乾めん類品質表示基準」が対象とするのは、スーパーやコンビニ等で販売されている乾めんである。立ち食いそば屋で販売されているかけそば、もりそば等は対象外である。

即席めん品質表示基準

「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」(JAS法)に基づく「即席めん品質表示基準」では、そば粉の配合割合が30%未満の即席めんに対して、「そば」の用語の表示を禁止している。

しかし、「即席めん品質表示基準」が対象とするのは、スーパーやコンビニ等で販売されている即席めんである。立ち食いそば屋で販売されているかけそば、もりそば等は対象外である。

作者:馬場飯
inserted by FC2 system