高田馬場・早稲田の鰻屋(すず金,愛川,川勇,伊豆栄,田川)- 高田馬場B級グルメ

すず金

店舗外観

1877年創業の三代続く老舗の鰻屋。屋号の謂れは、初代のご夫妻の金太郎・すヾの名前から*だそうだ。夏目漱石もすず金の鰻を食べたらしい。2006年9月中旬に店舗を改築したが、改築以前のウインドウには『我輩もかつて食したここの蒲焼 創業明治十年 早稲田 すず金』と書いた札がかかって*いた。

営業時間に注意しなければならない。昼営業は11:30から14:00までの2時間半で、夜営業は17:00から18:30までの1時間半だが、売切御免で夜営業はないものと考えたほうがいい。また、土用の丑の日も鰻供養で休業となる。

鰻重の種類は二種類で1,200円と1,500円だったが、2008年4月2日から100円ずつ値上げして1,300円と1,600円になったが、それでも誰もがこの鰻重でこの価格は安いと呟く。注文は「うなじゅういちさん」「うなじゅういちろく」で通る。

鰻は多分台湾辺りの養殖モノでしょう*という意見もあるが、鹿児島産と静岡産どちらも使用しているそう*だという声があり、「鹿児島県産」と具体的な産地を挙げていることから、きっと店の人に尋ねた結果なのだと思う。やはり国産だと安心する。焼きはガスコンロでしっかりと。タレはさっぱりと甘み控えめで少なめ。ご飯はかためで多め。吸い物と漬物がつく。

どれほど以前だったろうか、すず金で鰻を食べて一点だけ残念に思えたことがあった。小骨である。すっかりと忘れていたのだが、2005年にすず金を利用した方がほんの少し骨が気になりました*と感想を書かれていたのを読んで思い出した。8割の小骨を取り除く労力が8だとすると、9割の小骨を取り除く労力は9ではなく20だったり30だったりするのかもしれない。

すず金は完璧な味の追求よりも効率を重視しているのではないだろうか。老舗ぽさとは相反する話ではあるのだけれども、それはそれで大いに支持したい。鰻の選択方法についてはもちろん、営業時間の短さやガスコンロ使用からも、それが窺えるような気がする。

店舗

メニュー

品名価格
鰻重(小)1,300円
(大)1,600円

ご飯の大盛は+100円。吸い物の肝吸いへの変更+100円。肝焼き200円(先着数名分しかない)。

営業時間

11:30から14:00、17:00から18:30。月曜日は昼営業(11:30から14:00)だけ。売り切れ次第終了。定休日は火曜日(?)。

住所

新宿区馬場下町61

参考

愛川

店舗外観

路地裏に店舗がある。鰻屋らしからぬ派手な外観。

地焼き(堅焼き)を出してくれることで有名。店主と女将の接客は高評判。

鰻は焼きが強く、焦げが多め。タレは甘口で濃いめ。ご飯はややかためで少なめ。小鉢(ほうれん草や春菊の胡麻和え等)、具沢山の肝吸い、漬物がつく。

ぐるなびのメニューページのなかに常連様ページを作成したことに違和感を覚えているみんみん氏でさえしかし鰻の味は絶品とのこと。

店舗

メニュー

品名価格
鰻重1,900円
2,100円
2,300円
2,600円
葵(一匹半)3,200円
鶴(二匹)3,700円
亀(二匹)4,200円

大盛+120円。白焼き、堅焼き+110円。

営業時間

11:30から13:30、17:00から18:30。売り切れ次第終了。定休日は月、水曜日だが、他に臨時休業もある。

住所

新宿区高田馬場1-17-22

参考

川勇

店舗外観

路地裏に店舗がある。ひっそりとした外観。

タレは辛口で、しょっぱめ。ご飯は多め。

2011年5月から6月にかけて臨時休業をしていたが6月末には営業を再開していた。

どれほど以前だったろうか。昼下がりのことである。ふらりと立ち寄り、瓶ビールを注文する。うなぎの骨をお通しで出してもらったろうか。特別に何かサービスしてもらったような気がする。ビールを飲みながら鰻重の出来上がりを待つ。もはやセピア色の記憶だ。川勇が続く限り、ふとしたきっかけで思い出すことはできるだろう。

今後も末永く営業を続けてもらいたい。

店舗

メニュー

品名価格
鰻重1,600円
1,800円
2,200円
特上2,800円

営業時間

11:30から21:00。定休日は月曜日。

住所

新宿区高田馬場2-2-15

参考

伊豆栄

店舗外観

1924年創業。

タレはやや辛口。

店舗

メニュー

品名価格
鰻重1,600円
2,100円
特上2,700円

営業時間

11:30から14:00、17:00から21:00まで。定休日は水曜日。

住所

新宿区高田馬場4-13-12

参考

田川

店舗外観 店舗外観

西荻窪の田川と同一店名なのは偶然のようだ。

鰻丼が1,050円だ。2011年6月1日から値上げされるようだ。

焼きは炭火で、タレとても甘口で濃いめ、漬物つきだ。

店舗

メニュー

品名価格
鰻丼1,050円
鰻重1,470円
1,890円
特上2,300円

肝吸い210円(ランチタイムは鰻重を注文すればサービス)。肝焼き300円。

営業時間

11:00から14:00、16:30から20:00まで。定休日は火曜日。

住所

新宿区西早稲田3-13-9

参考

作者:馬場飯
inserted by FC2 system