やすべえ - 高田馬場B級グルメ

紹介

店外観

1945年創業の製麺所が2002年4月21日に高田馬場でやすべえを開店した。店名は高田馬場の決闘で有名な堀部安兵衛に由来する。

店舗の外観と内装は女性客からも拒まれない造り。男性客からは麺量が支持される。渋谷店、新宿店、池袋店では行列のある可能性が高い。高田馬場店は比較的空いているので穴場だ。

らーめんもあるが、元来はつけ麺専門店である。

麺量が同じ価格で並盛り(220g)、中盛り(330g)、大盛り(440g)から選べる。この量で720円はお勧めだ。

つけ汁は甘いことで有名。野菜の「旨み」、肉の「コク」、魚の「ダシ」が融合した秘伝醤油ダレ*のつけ汁とのことだ。基本的には魚介系出汁で割った醤油ダレで、砂糖の甘味が際立っているつけ汁なのではないだろうか。ラー油を混ぜた辛味もしくは辛味ダブルにすれば甘さを緩和してくれるのではないかと思う。それでも確かに甘味は感じるのだが。

卓上には、刻みタマネギ、削り節、コショウ、酢がある。刻みタマネギと削り節の使い勝手がよい。大量の麺を具と一緒に食べる。先に具がなくなる。刻みタマネギはその後に投入する。麺だけ食べる淋しさを感じずにすむ。思いっきり投入しよう。また、大量の麺を食べているうちにつけ汁が薄まる。削り節を投入する。薄まったつけ汁が変化する。元の濃さに戻るのではなく風味が変わる。好みの味を探しながら投入しよう。

訪問履歴

  1. 2009年08月30日辛味ダブルつけ麺大盛

店舗

営業時間

11:00から21:00まで。売切仕舞。

住所

新宿区高田馬場1-22-7

早稲田駅からBIGBOX脇の坂道より一つ東側の裏道を登った左側。


より大きな地図で 馬場飯マップ を表示

参考

作者:馬場飯
inserted by FC2 system